WORKS APPLICATIONS

これから始めるグローバルタレントマネジメント 第1弾

掲載日

2017年12月25日(月)

これから始めるグローバルタレントマネジメント 第1弾
―「グローバルタレントマネジメント」の成功の秘訣とは?


企業のグローバル化が進むにつれ、「グローバルタレントマネジメント」という言葉もよく耳にするようになりました。しかしながら、グローバルタレントマネジメントに成功していると考える企業はまだ少ないのではないでしょうか。この記事では、「これから始めるグローバルタレントマネジメント」と題して、弊社のユーザー企業の事例を踏まえ、日本企業がグローバル経営を実現するために、海外拠点を含む人事施策・人材管理を行う際に知っておくべき情報をまとめています。第一弾では、グローバルマネジメントの必要性とその背景、成功のためのファーストステップをご紹介いたします。

経営者の7割が頭を悩ませる「グローバル化への対応」
―企業の10年後を見据えて


「10年後にも競争力を持つためには?」-経済産業省の「通算白書2015」によれば、この問いに対し経営者の7割が「グローバル化への対応」と回答しています。 少子高齢化に伴う人口減少により国内需要が低迷する中、多くの企業は競争力を維持・拡大するためマーケットを海外へ展開しています。



それに伴い、全従業員における外国人従業員の比率は高まる傾向にあり、日本人従業員の比率を上回る企業も少なくありません。海外需要を取り込むためには、各拠点の事業活動を推進する「グローバル人材」が不可欠であり、企業に求められるマネジメントは、全世界へ、そして異なるバックグラウンドをもつ従業員へと多様化しています。

何から解決すべきか?まずは事業戦略に応じて優先課題を明確に


では、「グローバルタレントマネジメント」とは何から始めていけば良いのでしょうか。
まずは、「グローバルタレントマネジメント」の言葉の裏にある、企業として実現したい事象を明確に考えるところからスタートしていきましょう。人事管理に関わる施策は、大きく5つの分野に分類されます。本国でのリーダー育成、海外現地従業員の採用、特定のポジションを対象とした後継者管理等、重点的に取り組むべき施策から優先して進めていきます。




例えば、「優秀なグローバル人材の採用」を一番の課題とするならば、まずは各拠点の「必要な人材像」を明確にする必要があります。海外拠点では、文化や商習慣、現地マーケットの成熟度等、取り巻く環境が異なるため、同じ事業であっても海外では異なる事業戦略を取ることも珍しくありません。そのため、各拠点の事業計画に応じた人材戦略の立案、最適な人材像の明確化が必要となり、それらを明確にした上で、具体的な人材確保の施策を検討していきます。このように、「グローバルタレントマネジメント」の施策は、海外採用、評価、人材育成等、どこで何を実現すべきかに応じて変わってくるのです。

スモールスタートでよい、早くPDCAを回すことがコツ――


グローバルタレントマネジメントに成功した弊社のユーザー企業の多くは、試行錯誤を繰り返しながら最適な方法を選択することで海外人材管理を進めています。まずはスモールスタートでよいので、施策に取り組み、早くPDCAサイクルを回すことで、自社に最適な施策へと育てていきましょう。



スモールスタートであっても、施策に着手するためには、まず人材情報をきちんと収集し、利用できる状態にしておく必要があります。また、その後将来的にPDCAサイクルを回す中で施策を拡充していくためには、新たな人事施策のニーズに応え得るツールを保持していることも有効です。

人材情報の見える化を


グローバルタレントマネジメントの施策着手・施策拡充に最も有効なのは、社内の人材資産を可視化できるツール基盤を持つことです。各拠点で個々の従業員がもつ能力を最大限に発揮させるためには、経歴やスキルやといった情報を一元管理し、必要な時に最新の状態で活用できるグローバル人材データベースの構築が重要となります。



しかしながら、多くの企業はこの「人材情報の見える化」に頭を悩ませています。特に、これからグローバルタレントマネジメントに着手する日本企業の中には、各拠点で共通の人事情報を保持していないどころか、拠点によっては人事情報の収集・蓄積を安定的に行う仕組みがなく、業務上最低限の情報しか残っていない場合もあります。それでは、これからどうやって仕組み化していけばよいのでしょうか。
第2弾では、弊社のユーザー企業の事例をもとに「人材情報の見える化」を実現するための課題と改善策をご紹介します。


関連記事はこちら

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示