兼松エレクトロニクス社の主張に対する当社認識について

兼松エレクトロニクス株式会社様(以下、「KEL社」)においては、当社製品導入プロジェクトに関し当社の債務不履行等があったことを理由に、2017年6月26日付で当社を相手方とする損害賠償請求訴訟を東京地方裁判所に提起しました。当該訴訟提起に先立ちKEL社が2017年5月10日付で公表した「訴訟の提起に関するお知らせ」(以下、「KEL社お知らせ」)および訴状におけるKEL社の主張については、当社としても承服できないものであるため、今後裁判手続きの中で適切に対応する所存です。

当社としましては、本件におけるKEL社の主張の背景には、当社が創業以来堅持し続けてきたビジネスコンセプトについて、当社からKEL社に対して丁寧にご説明してきたにもかかわらず、KEL社において誤解されているという事情があると考えております。当社のビジネスコンセプトについては、当社製品をご愛顧いただいているお客様には従来よりご説明申し上げ、ご理解いただいているものと存じますが、この機会に改めて当社ホームページ上にて以下の事項をご説明申し上げておりますので、こちらをご参照いただけますと幸いです。

当社ビジネスコンセプトについて

  1.  ビジネスコンセプトの中核となる「追加コスト」に対する理念
  2.  3つのビジネスコンセプト「ノーカスタマイズ」「無償バージョンアップ」「ギャランティメンテナンスサービス」
  3.  ビジネスコンセプトによりお客様が享受するメリット
  4.  当社製品のご利用実績

なお、KEL社お知らせを受け当社のビジネスコンセプトに関して一部メディアからお問い合わせいただいており、当社は当社ビジネスコンセプトおよび上記と同様の説明を行っております。

KEL社お知らせにより当社製品をご愛顧いただいているお客様、取引先等の皆様にご心配をお掛けしていることについてまずは心よりお詫び申し上げます。当社は、引き続きお客様の皆様に対するより良い製品・サービスの提供を目指し、お客様の皆様のさらなる信頼を得られるよう努力してまいる所存ですので、今後とも何卒ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:金田、岡田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp