WORKS APPLICATIONS

約16,000名の給与・勤怠管理を目指し、鳥取県へ「COMPANY」を提供

~県庁・病院・教育機関・警察に1パッケージで対応~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、鳥取県(知事:平井 伸治)へ「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を提供することが決定いたしましたので、お知らせいたします。なお、同製品は鳥取県知事部局をはじめ、議会・各種委員会(事務局含む)、企業局、病院局、教育委員会事務局、教育機関(県立学校、小中学校)、警察機関を対象に提供予定です。

システム再構築により年間65,132時間の業務時間削減を見込む

青く澄み渡る日本海と緑豊かな山々に囲まれた鳥取県は、二十世紀梨をはじめ、数々の農産物が生産され、新鮮な海の幸が水揚げされます。自然との共生が氷温技術など独自の新技術を生み、付加価値の高い産業を支えています。行政運営においては、「サービス水準の維持・拡大」と「筋肉質でスリムな執行体制」を両立するため、「トヨタ生産方式」を参考とした鳥取県版「カイゼン活動」を実施しています。その一貫として、平成24年より県庁基幹業務刷新プロジェクトを開始し、大きな改善効果の見込まれる基幹業務について、関連制度の見直し・システム再構築を含めた検討が始まりました。その結果、各種業務刷新により年間18,745 時間、システム再構築により年間65,132時間もの業務時間削減効果が得られると推計され、稼動から20年以上経過した各種基幹業務システムの刷新が行われます。

制度・業務の異なる部局に1パッケージで対応できるCOMPANY

株式会社鳥取県情報センターを通じて、鳥取県へ「COMPANY」を提供することが決定しました。「COMPANY」の提供により、特に以下3つが鳥取県の課題解決につながると考えております。

  1. 複数システムに跨っていた給与・勤怠管理データを一元管理できる点。制度や業務の異なる部局の給与関連業務に1パッケージで対応できるため、「COMPANY」を通じて業務を標準化・効率化し、各部局が住民サービス向上に集中できる環境を構築します。
  2. 定額保守料以外に追加費用が発生しない点。「COMPANY」は、明確化できない将来的な外部・内部環境の変化に無償で対応可能となるため、長期的なコスト削減につながります。
  3. システム再構築に留まらず、制度や業務のあり方にまで踏み込んだ見直しができる点。「COMPANY」は、官民を問わず、あらゆる業種業態で必要とされる機能を標準機能に搭載しているため、業務のベストプラクティスを適用できます。

厳しい財政状況の下でも効率的な行政運営を徹底し、質の高い行政サービス実現を目指す鳥取県を、ワークスはシステム基盤から支援してまいります。「COMPANY」を通じて、ワークスは今後も自治体の情報投資効率向上に努めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:岡田、太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp