WORKS APPLICATIONS

世界のソディック、グローバル人材管理を「COMPANY」で実現

~優秀な社員がモチベーション高く働ける環境を目指して~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社ソディック(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:金子雄二、以下 ソディック)より、「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」の3製品を受注し、稼動いたしましたのでお知らせします。

システム改修費用が、人事制度変更の妨げに

20160309.pngソディックは、お客様の問題解決のためには「創造(So)」「実行(di)」「苦労・克服(ck)」をいとわない精神のもと、世界市場を日本・中国・アジア(中国を除く)・米国・欧州の5つのエリアに分け、エリアごとの市場動向を見据えた生産・販売体制を構築し、創業以来、放電加工機制御の研究、NC装置開発などを軸に事業を展開し、NC放電加工機のパイオニアとして世界のものづくりを支えている会社です。2014年より金属3Dプリンタ市場に参入し、新しいものづくりの提案に積極的に取り組んでいます。
世界市場で確たる存在感を発揮する企業グループへと成長するため、ソディックでは優秀な社員が公正な評価のもとでモチベーション高く働き続けられる環境の整備を推進しています。しかし、従来のシステムでは人事制度変更に伴う改修コストが発生するため、人事制度改革を実行しにくい状況でした。

企画業務への工数シフトと、積極的な人事制度改革を支援する
「COMPANY」を採用

ソディックは、新人事システムに「COMPANY」を採用しました。採用にあたって特に評価されたのは、以下の2点です。

  1. あらゆる業種業態で必要とされる機能を標準機能に搭載しているため、従来手作業で行ってきた領域をシステム内で一元管理し、業務の簡素化につながる点。人事部門は戦略部門として、通常業務の運用だけでなく、企画業務へリソースをシフトできます。

  2. 法人内部の制度変更に簡易なパラメータの設定で対応できるため、追加コストが発生せず、積極的に人事制度改革を実行できる点。

ソディックは、「COMPANY」の運用と並行して人事制度の再構築を行い、グローバル人材データベースの構築を目指しています。また、今後は海外従業員を含めたタレントマネジメントを「COMPANY」で実現していく予定です。ワークスは、今後もソディックのグローバルでの競争力強化に貢献してまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:岡田、太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp