理想科学工業株式会社

新学習システムで、学習効果の向上と効率管理の両立を実現。



 

shashin2.jpg

デジタル印刷機「リソグラフ」や世界最高速を誇るフルカラービジネスプリンター「オルフィス」から、誰もが知るお馴染みの家庭用印刷機まで、最先端印刷機の開発・製造を行うグローバルメーカー、理想科学工業株式会社。

同社の社員たちが支えるのは、印刷技術の進化そのものと言っても過言ではない。そんな彼ら一人ひとりの能力開発を行う学習管理システムとして選定されたのが、ワークスアプリケーションズの「COMPANY Learning Management」だ。

ワークスタイルの変化を背景に、新たな学習管理システムを検討

「今は、スピードと正確さが同時に要求される情報社会。各社員がインターネットやe-mailを駆使するなど、ワークスタイルも大きく変化しています。同様に、学習スタイルも変化すべきです」。そう語るのは、理想科学工業の人材教育課担当者。その言葉の示すとおり、同社ではこれまでも内定者用ポータルサイトの開設やe-Learningの試験的な実施など、社内教育に対しては積極的に取り組んできた。

そんな同社が、今回検討に検討を重ねて選んだ学習管理システムがワークスアプリケーションズの「COMPANY Learning Management」。同システム導入の狙いは、主に二つあるという。第一に、社員一人ひとりに広く能力開発の機会を提供すること。第二に、能力開発の結果を会社が把握することにより、「個人と仕事」あるいは「個人と組織」の最適な関係をつくりだすための一助とすることだ。

システム選定の第一条件は、「効果的な学習」と「管理」のベストマッチング

とは言え、検討の段階では、さまざまな学習管理システムが候補に名を連ねていた。その時、社内検討で話題となったのは、「効果的な学習と効率的な管理のベストマッチングが必須」ということ。また、そのために「人事発令などの情報と学習管理システム上の社員情報との連動は欠かせない」ということだった。そこで、同社ですでに導入していた「COMPANY 人事・給与」や「COMPANY Web Service」と最も連携のよい「COMPANY Learning Management」が選択されることとなったのだ。

新たにスタートしたe-Learningで、社員本人と人事がスコアの向上を実施

その後、新学習管理システムの仕組みやサービス内容を全社向けに説明することから、運用をスタート。管理職に対してコンプライアンスのe-Learningを4ヶ月間にわたり実施するなど、順調な運用実績を積んでいった。現在では、導入後の学習効果についても、すでにいくつかの好例を挙げられる状態にある。

「コンプライアンスのe-Learningでは、受講した管理職社員のスコアが飛躍的に上がったので学習効果は高かったと思います。忙しい業務の合間を見てe-Learningを受講し、スコアの向上を実感することで、『こういう勉強方法もあるんだ』と認識してもらえたと思います。学習スタイルの選択の幅が確実に広がりました」と、担当者も笑顔を見せる。

期中の異動にもスムーズに対応

COMPANYシリーズの連携が、学習状況の管理を強力にバックアップ

今回、新学習管理システムを導入する上で同社が求めたのが、学習管理システムと人事データとの連携機能の高さ。そこについても担当者は、「『COMPANY 人事・給与』で持っている社員情報を『COMPANY Learning Management』 へ連携させることで、例えば期中の異動が生じた際も、いちいち手作業でデータを入力し直す必要がなくとても助かります」と、その効果を語る。

同システムの今後の運用については、学習履歴を管理することで、各社員が今後取り組むべき学習分野とその到達点を設定する際に役立つデータを提供していきたいとのこと。「人材配置に応用することにより、社員と会社が互いにメリットを共有できる関係を築くこと」が最終的な目標だ。

どんな業種の企業にとっても共通の課題として挙げられるのが、人材レベルの向上。人材が持つ力の向上は、そのまま会社の成長に繋がる。今回、「COMPANY Learning Management」の導入を決めた理想科学工業は、その理想を追うだけでなく、さらに現実的な一歩を踏み出した会社だと言える。

※本原稿は2007年3月の内容となっております。

理想科学工業 会社概要

各種印刷機、プリンターの開発、製造、販売、およびプリントサービス事業を手掛けるグローバルメーカー。

社名
理想科学工業株式会社
本部
東京都港区芝五丁目34番7号 田町センタービル
URL
http://www.riso.co.jp/
設立
1955年1月25日
資本金
141億円(平成1920年3月31日現在)
代表者
代表取締役社長 羽山 明
事業内容
孔版技術を核としたプリンティングシステムを中心に各種印刷機、プリンターの開発、製造、販売、およびプリントサービス事業
従業員数
1,616名(平成20年3月31日現在) 〔グループ全体 3,244名〕

ご利用の製品

  • 人事・給与
  • 申請・情報公開
  • Learning Management