COMPANYグローバルソリューション

お客様のニーズに対応する機能を標準で搭載していることに加え、システム導入後に生じた変化にも柔軟に対応。お客様のグローバル展開を強固にサポートいたします。

グローバル展開で顕在化する課題

グローバル競争が激化する昨今、海外拠点のガバナンス強化や、各国で異なる制度・制約の変化、市況の変化にスピーディーに対応する柔軟性が、これまで以上に求められています。特に、グローバル展開を進める企業にとって、グローバルにおける人材活用・労務管理の強化・財務会計/管理会計の見える化・業務プロセスの標準化などは急務の課題です。

これら課題に対し、積極的なIT投資をし、現場社員の業務を支えるシステムを構築するのが解決策の要だとされる一方、本社が所在する日本から海外拠点のIT投資を考えるのは決して容易なことではありません。

日本から海外拠点へ。本社が困惑する、遠隔IT投資の難しさ

当然のことながら、システム構築には、海外拠点が所在する各国特有の法制度・言語・商習慣や業務プロセスをつぶさにリサーチし把握することが必要です。加えて、現場ニーズを反映しているかどうかがシステム構築の成否を決めると言っても過言ではありません。

しかし、物理的な距離もあり、日本本社からではこれらの重要な情報を十分に得ることができないのが現状です。 仮に、膨大なコストと工数の投下により対象国の法制度や各種制度を徹底的にリサーチし、システム構築に行き着いたとしても、「現場ニーズに合致しない」「実態の業務フローに合わない」などの理由から結局使えない・使われないシステムとして陳腐化することも少なくありません。

さらに、国自体が発展過程であると、法制度や制約は刻一刻と変化し、これらの変化に追従するため、さらなるコスト・工数を招くという負の連鎖が、海外拠点におけるIT投資をより一層困難にしていると言えます。 こうした背景から、各海外拠点はそれぞれ異なる現地ローカルシステムを採用するか、表計算ソフトを利用した手組みのしくみを利用するしかなく、効果が出づらい構造となっています。

グローバルソリューションコンセプト

さまざまな変化に対応する「COMPANYグローバルソリューション」

海外拠点でのシステム構築が困難である理由は、「システムに多様性がないこと」と「変化への対応が困難なこと」に尽きます。
「COMPANYグローバルソリューション」は、多様なお客様のニーズに対応する機能を標準で搭載していることに加え、システム導入後に生じた変化にも柔軟に対応可能にすることで、海外拠点におけるIT投資の課題を解決いたします。

Concept1:「ノーカスタマイズ」

COMPANYは海外各地における特有の法制度や要件、商習慣をすべて汎用化し、機能として取り込んでいるため、多様性に優れています。海外拠点の状況にきめ細かに対応し、無理のないシステム導入を実現いたします。

Concept2:「無償バージョンアップ」

変化が激しいグローバルのビジネス環境ではシステムはすぐに陳腐化します。COMPANYでは、法改正はもちろん、商習慣やトレンド、さらには社内制度や業務の変化についてもすべて無償で対応。そのため、お客様はIT投資コストに気を取られることなく、常に最新、最適の製品をご利用いただけます。

Concept3:「オンサイト保守・運用支援サービス」

「システムは現場に利用され根付いて初めて真価を発揮する」。私たちはそう考えます。海外各地のワークス担当者が、直接お客様の海外拠点へお伺いしCOMPANYを最大限活用していただけるようサポートいたします。