WORKS APPLICATIONS

ビジネスカンファレンスで世界の成功事例やトレンドを発信

日本企業における経営戦略や日頃の業務における課題解決の一助となれば、という願いから、その年の時流・トレンドに合わせたテーマを掲げ、毎年さまざまな著名人・有識者の方々にご登壇いただく、ビジネスフォーラムを開催しています。

【講演者紹介】

レイ・カーツワイル氏Inventor, Author, and Futurist
レイ・カーツワイル氏

ジョン・スカリー氏ペプシコーラ 元社長 兼 CEO/アップルコンピュータ 元CEO
ジョン・スカリー氏

セバスチャン・スラン氏Google X 創設者/現Udacity 共同創業者 兼 CEO
セバスチャン・スラン氏

スティーブ・ウォズニアック氏アップル・コンピュータ 共同設立者
スティーブ・ウォズニアック氏

COMPANY Forum Digestはこちら

高度で先進的な技術研究を推進する「ワークス徳島人工知能NLP研究所」

産官学研究で人工知能活用を推進

ワークス徳島人工知能NLP研究所は、自然言語処理(NLP)研究に特化したAI研究機関です。自然言語処理の業務活用において、徳島大学や奈良先端科学技術大学院大学と共同研究を進めています。

研究プロジェクトの内容はこちら

 

1,000企業グループ超の多種多様な業種・業態の大手企業を顧客に抱えるワークスだからこそ得られる、膨大かつ詳細な業務データやログデータに基づき、研究開発を推進しています。

ERPに蓄積されるオペレーションログデータを機械学習のトレーニングデータとして活用。ユーザーの発話やテキストデータの解析・理解に基づき、ユーザーニーズに沿った高いユーザビリティを実現する機能の実現を目指します。本研究所では、ワークスが開発するERPに搭載する機能の進化を技術面から支え、企業における組織や人に対し、新しい働き方を実現するための研究プロジェクトを進めています。

研究所サイトはこちら

女性活躍推進や働き方の多様化に対する一つのソリューション「カイシャde子育て」

WithKids“カイシャde子育て――会社で子どもを育てていく”という概念のもと、従業員自らが考えたのが自社運営の企業内託児スペース「WithKids」(ウィズキッズ)です。

ママが働くプロジェクトチーム発足当初は、チームメンバーですら「子育てに会社は必要か?地元の保育園の方が良い」という既成概念がありました。「WithKids」による会社型保育の実現は女性活躍推進や働き方の多様化に対して一つのソリューションを提供できるものであると考えています。「WithKids」では、施設の見学や相談会等、会社型保育の実現事例として各種説明会を定期的に実施しています。

女性活躍推進における問題は、目標が掲げられるものの具体的なソリューションが見つからぬまま、“誰かが解決してくれる”“前例がないし無理に決まっている”との考えが根深いものです。「WithKids」を通じて、ワーキングマザーの働き方に対する一つ解決策を提示することで、各企業や個人の意識を刺激し、検討するきっかけとなっています。

「WithKids」の活動内容はこちら

超難関のインターンシップ

インターンシップ

2002年からワークスが実施するインターンシップは、一般な就業体験型とは異なり、「問題解決能力の高い人材」を発掘する唯一のプログラムです。 参加した学生に対し約1か月間、抽象的で難しい課題を与え、彼らがそれをどう考えて問題解決をはかったのか、そのプロセスを評価します。評価が高かった学生には、期限内であれば規定のタイミングで入社が可能な「入社パス」を付与しています。

ワークスは日本国内にとどまらず世界中で採用活動を展開しており、ゼロから新しい価値が創り出せる人材の採用にこだわり続けています。

産学官連携プロジェクト ― COMPANY Innovation Academy ―

ワークスは非営利な立場からも社会貢献を目指しています。既存顧客の協力のもと「COMPANY」で管理している実データについて、専門家による研究を行い、その結果を広く社会に反映していくことで日本企業の生産性向上に役立てることを目的としたプロジェクト「COMPANY Innovation Academy (CIA)」を発足し、様々な取り組みを行っています。

活動内容

  • 企業内人的資源配分メカニズムの経済分析
    独立行政法人経済産業研究所、東京大学、一橋大学の研究者が進める研究プロジェクトを支援します。
  • 人事情報活用研究会 
    大手企業の人事データを定量的に分析しながら、人事部門が抱える課題への統計学的アプローチについて議論を行います。

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示