【大阪開催】情報システム部門の働き方改革

ID管理システム"COMPANY Idetity Management" グループウェアシステム"ArielAirOne for COMPANY" で実現する効率化のかたち

日程

2019年 4月 23日 (火)  13:00~15:00 (開場12:45)

会場

ハービスENT20階(住所:大阪府大阪市北区梅田2-2-22)
      阪神「梅田駅」西改札より徒歩すぐ
      JR「大阪駅」桜橋口より徒歩約2分
      地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札より徒歩すぐ

こんなお困りごとはありませんか?

チェックボックスアイコン (1).png情報システム部門の業務を効率化したい
チェックボックスアイコン (1).pngID管理業務を自動化したい
チェックボックスアイコン (1).png社内アプリの作成・メンテナンスに工数がかかっている(ワークフロー、グループウェア等)


 Contents

IT技術が発展するにつれて、企業のシステムに要求されるIT技術のレベルは益々高まっています。
それに伴い、情報システム部門に求められる役割は大きくなるばかりです。
たとえばAI、RPAといった業務削減のツールは情報システム部門の仕事を楽にするどころか、
設計・導入といった業務から開放してはくれません。
 
今後そうした生産性向上のためのシステムを設計・導入する重要性が一層高まってゆくことは疑いようのない事実です。
では、それを担う情報システム部門はどのように効率化していけば良いのでしょうか。  

そのためには、-いかに既存の定型業務を効率化できるか-がポイントとなります。
本セミナーでは   
   ・ID管理業務・ID監査業務
   ・ワークフローやグループウェア等の開発・メンテナンス業務
の効率化をテーマに製品のデモンストレーションを実施いたします。  

システム設計・導入といったクリエイティブな業務を効率化することは困難だが、
これらの定型業務は効率化に向いた業務とも言えるでしょう。
ID管理業務については、人事情報と連動したアカウント付与・削除の仕組みを構築できれば、
入退社・異動に伴って発生する手間を大幅に削減できます。
グループウェアやワークフローについては、現場部門でのメンテナンスを可能とすることで、
情報システム部門からの手離れが期待できます。情報システム部門の効率化のあり方を一緒に考えてみませんか。


 Agenda

  • 情報システム部門の働き方改革
    ― 情報システム部門に求められる役割と効率化の必要性

  • "COMPANY Identity Management"デモンストレーション
    ― ID 管理の自動化を実現 管理の自動化を実現
     • システム利用申請・承認の WEB化
     • ID 管理ルー構築、発令情報に基づく自動制御
     •予防的統制によるシステム監査対策

  • "ArielAirOne for COMPANY"デモンストレーション
    ― 社内利用アプリケーション(グループウェア・ワークフロー)の作成・メンテナスを標準機能で実現
     • ポータル、スケジューラーの利便性向上
     • 稟議申請をはじめとする日本企業の複雑なワークフローに標準対応
     • 各現場部門へアプリ作成・メンテナス負荷を分散

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示