ID管理システムの活用方法

活用事例と製品デモンストレーションのご紹介

日程

2019年 5月 9日 (木) 15:30~17:00(開場15:15)

会場

赤坂溜池タワー13階   (住所:東京都港区赤坂2丁目177号)

 東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」11番出口より徒歩5分
 東京メトロ千代田線「赤坂駅」2番出口より徒歩5分

こんなお困りごとはありませんか?

チェックボックスアイコン (1).png雇用・異動・退職に伴うアカウント管理に多くの工数を費やしている
チェックボックスアイコン (1).png棚卸等のID管理業務を手作業で行っており、統制がとれていない
チェックボックスアイコン (1).png管理するシステムが増え、ID管理が煩雑になっている
チェックボックスアイコン (1).pngクラウドサービスの利用増加によるセキュリティ事故が心配

 Contents

ID管理システムがどのようにセキュリティ強化に役立つのか、また、どれほどの管理工数の削減に寄与するのか、
事例を交えてご紹介いたします。

IT投資が企業の競争力向上に必要不可欠となったいま、企業で使用するシステムの数は年々増加する傾向にあります。
それにともない、従業員が個々に保有するシステムID数も増加し、いまやひとりあたり平均5~10のIDを企業内だけで
保有していると言われています*。
ID保有数の増加は、企業の機密情報が漏洩するリスクや、不正アクセスを受ける可能性を高める原因となります。
しかし、あまりにも厳格なルールに基づきID管理を運用すると、管理のための工数が爆発的に膨れあがってしまいます。
相反する2つの課題を抱える方も多いのではないでしょうか。

このようなお悩みは、ID管理システムによって解決できます。
本セミナーでは、ID管理をシステム化した事例と、適切なID管理を支援する
「COMPANY Identity Management」の製品デモンストレーションを実施いたします。

*出典:キーマンズネット,2018年10月4日公開
https://www.keyman.or.jp/kn/articles/1810/04/news134.html


 Agenda

  • ID管理システムが実現する業務効率化
     -人事システムとの連携による効率化
     -履歴管理されたアカウント台帳の自動作成

  • ID管理システムが実現するセキュリティ強化
     -特権ID管理の厳格化
     -ゴーストアカウントの自動検知

  • ケーススタディ:ID管理を見直した成功事例
     -内部統制の強化
     -ID管理にかかるコスト削減
     -ライセンス費用の削減

  • ID管理システム「 COMPANY Identity Management 」製品デモンストレーション
     -システム概要  -監査対応機能
     -多様な連携方法 -権限付与/剥奪

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示