【ユーザー会レポート】Executive Forum 2019 講演「働き方『開発』の実現 ~本当に価値のある改革を~」

2019年3月5日、ワークスのユーザー企業の人事部門長が集う人事部門長勉強会「Executive Forum2019」を開催しました。

ワークスでは、すべてのお客様が同じパッケージソフトウェアを利用しているからこそ、ユーザー企業同士が業種を超えたつながりをもち、事例や課題を共有し合うことができるという特長があります。ユーザー企業の動向から得られる業務トレンド・ノウハウや、製品の実運用に踏み込んだ様々な意見交換によって、自社の課題解決を図り業務改善を実現する、さらには製品のより一層の強化へつながるというグッドサイクルが生まれています。

数あるユーザー交流イベントの中でも、このたびの「Executive Forum2019」では、総勢48社60名が参加し、「働き方改革」について議論しました。

人事部門の抱える課題をテーマとしたディスカッションを通し、人事部門長様同士で情報交換をしていただく勉強会です。
ダイバーシティやタレントマネジメント、働き方改革などに象徴されるように、人事部門が深く理解し、議論すべき話題は尽きません。
そして、昨今ではRPAなどの登場にともない、「人事プロフェッショナル」のあり方が変わりつつあります。

このような背景から、Executive Forumでは

  • 外部講師を招いた講演
  • 先進的な取り組みを行っているお客様事例の紹介
  • ディスカッション形式での取り組み事例の共有
を行っています。

Executive Forum2019 Time table

第1部 講演 人事が生み出す働き方改革の価値とは

第2部 講演 新しい働き方を実践するために人事は何をすべきか

第3部 テーブルディスカッション  ◆ テーマ「働き方改革」

第4部 懇親会

 

林様.PNG2019年3月5日(火)に開催した「Executive Forum 2019」でのリデザインワーク株式会社 代表取締役社長 林宏昌氏の講演内容をダイジェストでお届けします。

大企業になればなるほど、大きな変革は難しいものとなる。日本の大手企業の働き方改革に取り組み、変革を指揮してきた林氏が、実体験をもとにリモートワーク導入の成功の秘訣や注意点を語る。

 

働き方改革の成功に不可欠な3つのポイント 

「何のために働き方改革に取り組むのでしょうか」

「働き方改革の目的をどのような方法で実現すれば良いのでしょうか」

林氏が会場に問いかける。日本の大手企業で働き方改革をおしすすめてきた林氏。その経歴を通して得た経験から、働き方改革の成功には3つのポイントが必要だと語る。

 

  1. 目的(VISION)を明確にする
    立場や課題意識によって、それぞれの思い描く目的は異なる。議論を深め、実行に移すためには、何のために働き方を改革するのか「明確な目的」を言語化しておくことが必要。 

  2. 小さく試してから拡大する ー働き方「開発」だと認識するー
    方針ができても実行に移せなければ意味がない。実行方法を「開発」するためには小さな範囲で試行錯誤を繰り返し、徐々に拡大していくプロセスが必要。 

  3. 空間/ICT/人事制度の三位一体
    働き方改革は従業員にとっても経営にとってもwin-winとなる新しいビジネスプロセスの設計に他ならない。ビジネスプロセスであるからには、オフィスなどの空間はもちろん、テクノロジーの活用や人事制度の修正などの総合的な取り組みが必要。

 

林氏は「働き方改革のプロセスは事業開発のプロセスによく似ている」と感じているという。事業開発にも共通する3つのポイントをきちんと踏まえることで、働き方改革を成功に導くことができる。

 

リモートワーク導入の成功事例

働き方変革の一つとしてあげられる、リモートワークの実現。通勤時間等がなくなることで一日あたり約3時間の時間創出が見込めると考えた。

ただ、いきなり大きな舵を切るのは難しい。そこで、小さく試して改善しながら徐々に全社に広げていくことにした。例えば、全社展開までに半年ほどをかけてリモートワークやフリーアドレスの実験導入を試みた。実験導入の事前事後で細かく効果測定を行い、進捗を確認した。測定の内容は事前に検討し「ワークライフバランス」や「自社へのロイヤリティ」についてアンケートでヒアリングした。結果、「今後も自社で働き続けたいか」という質問に対して肯定的な回答をした従業員の割合は実験導入の前後で約10%も増加しており、順調な成果を確認できた。ただし、その際、コミュニケーションの減少といった弊害が発生していないか、についても注意深く見るようにしたという。

 

変革に反発はつきもの。新しい働き方を社内に浸透させていくために

一方、リモートワーク導入ではマイナス面も多く見つかった。実はこのマイナス面を共有し、多角的な観点から改善を積み重ねたことが成功につながったポイントでもある。新しい施策を講じるときには、必ず賛否両論が巻き起こるものだが、林氏は「まずはやってみて、良い側面も悪い側面も出し切る」という考え方を社内に浸透させた。

「家にインターネットが通っておらず通信が遅い」

「家には子どもがいて、仕事に集中できない」

「稟議の捺印のためだけに会社に行かなければならない」

課題を共有することで、サテライトオフィスの活用や、電子稟議システムの導入など全社展開に備えた対策を打つこともできた。

当初不安材料になっていた社員同士コミュニケーションの減少や、会議の際の不便さは杞憂だったという。チャットツールの活用頻度が増え、必要以上の会議が減ったことで「コミュニケーションが取りやすくなった」「意思決定のスピードが上がった」という効果があらわれた。

このように、実際にリモートワークの全社導入を成功させた林氏。

最後に、目的を設定し、試行錯誤を繰り返しながら、効果や課題を具体的に共有する、そして改善方法を多角的に考えるという、働き方改革成功の3つのポイントを会場と共有し講演を締めくくった。

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示