PJ管理Webセミナー.png

当セミナーはウェブ上での開催のため、ご参加にはインターネット環境が必要です。

※誠に勝手ながら、お申し込みの受付は終了いたしました※

開催日時
2020年 7月 29日(水)16:00~17:30
(開始10分前よりアクセス可能です。)
主催
Sier・製造業を中心とした190社以上の導入実績
株式会社システムインテグレータ

株式会社ワークスアプリケーションズ
対象となる方
【SI事業者】部長・役員層の方々向け
※競合他社様の情報収集目的でのご参加は、お断りさせていただく場合がございます。
参加方法
「Zoom」というサービスを利用したオンラインセミナーです。
(ご参加には最新版のZoomソフトウェア、アプリのインストールが必要です。)
お申し込みいただいた方へ、専用URLをお送りいたします。
インターネットに接続可能なPC、スマートフォン、タブレット端末からご参加いただけます。
参加費
無料 (事前申込制)
定員
50名
申込締切
2020年 7月 28日(火)12:00

こんな方におすすめ

  • 会社規模拡大に伴い、今後の業務の在り方を考えたい方
  • リモートワーク環境下にて、プロジェクトのやり方を考え直したい方
  • 自業種の業務のあり方に疑問を感じている方
  • 自社の業務システム全体の見直しを検討されている方
  • プロジェクト収支管理にご関心のある方

※誠に勝手ながら、お申し込みの受付は終了いたしました※

セミナー概要

近年のSI事業者様は、DX需要による案件数の増大や新規事業への拡大、またそれに伴う管理工数の増加により、現場管理者がひっ迫しています。
今回は、管理者目線での不採算管理を未然に防ぐプロジェクト管理と、現場の業務効率化手法について、ユーザー事例を交えながらご紹介いたします。
加えて、収益認識基準への対応についても解説いたします。


Time table

16:00~16:30
プログラム1SI事業における基幹システム構築事例
担当:株式会社ワークスアプリケーションズ

SI事業における基幹システムは、見積段階での人員計画、受注後のパートナー企業発注、商品仕入など
業務領域や原価管理項目が多岐にわたり、柔軟性が求められるため、パッケージでの導入が難しいとされています。
近年では、DX需要による業務量の増大、それに伴う業務効率化や管理強化、加えて収益認識基準への対応など、SI事業者自身の変化が求められています。
当プログラムでは、管理者目線での採算管理強化と、現場の業務効率化の2つの軸で構築事例をご紹介いたします。
16:30~17:00
プログラム2不採算プロジェクトを未然 に防ぐ 、プロジェクト管理のポイント
担当:株式会社システムインテグレータ

プロジェクトにとって採算管理は重要ですが、それだけではプロジェクトの成功は実現できません。
進捗管理、要員管理、リスク管理、課題管理、障害管理など、状況把握に時間がかかることでリカバリーが困難に、
また予定より原価がかかり、結果として赤字プロジェクトになってしまいます。
昨今のリモートワークなどで働き方が多様化してきているシステム開発業界では、
従来の管理方法ではなかなかうまくいかないという声をよく耳にします。
そこで、プロジェクト管理ツール『SI Object Browser PM』を使ったポイントや考え方、手法について
弊社の取り組みやお客様事例などを交えながらご紹介いたします。
17:00~17:30
質疑応答
質疑応答

時間の許す限り、皆様からのご質問にお答えいたします。
 

※誠に勝手ながら、お申し込みの受付は終了いたしました※

お役立ち資料がダウンロードできます

資料一覧を見る

お問い合わせ