WORKS APPLICATIONS

中国電力社の人事労務システムを受注いたしました

ワークスアプリケーションズ 中国電力の人事労務システムを受注

 
株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役 牧野 正幸、以下ワークス)は、中国電力株式会社(本社:広島県広島市、取締役社長 白倉 茂生、以下中国電力)からワークスが開発した人事給与パッケージ「COMPANY®」を受注いたしました。 今回採用されたシステムは、「COMPANY® 人事・給与・就労・Webサービス」。中国電力が「COMPANY®」を選定したポイントは、複雑な人事給与制度に標準機能で対応、複数企業へのシステム展開を容易に実現、大規模の人事労務管理が他のERPパッケージに比べ低コストで導入可能という点です。 中国電力は、電力自由化による厳しいコスト競争の中で、このシステムの導入によって、各従業員の勤務・申請届出情報の入力・照会から人事情報活用、給与処理といった一連の業務をシームレスに連携することで、間接業務の効率化やシステム管理コストの削減、グループ企業も含めた業務処理の集中化を目指しています。
大手企業向け人事給与パッケージ「COMPANY®」とは
「COMPANY®」は、大手企業向けに開発した人事統合パッケージで、97年の発売以来、国内大手企業 (従業員1000名以上) 約110社以上から採用されるなど、ERPパッケージと比較しても圧倒的に高い業務適応率を誇っています。また電力会社への導入は2 社目となり、今後もノウハウを活用して積極的に展開していきます。 「COMPANY®」の主な特長は次の通りです。
  1. 日本の大手企業のあらゆる業務を標準機能で搭載しており、個別企業でのプログラムの手直しが不必要である。
  2. グループ企業などの複数会社管理、事業部制などへの対応が図りやすい。
  3. 新技術の採用などソフトのバージョンアップが無償で保証されている。
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示