朝日新聞社が人事・給与システムを「COMPANY」で再構築

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役 牧野正幸、以下ワークス)は、株式会社朝日新聞社(東京本社:東京都中央区、代表取締役社長 箱島信一、以下朝日新聞社)から人事管理システムとして大手企業向けパッケージソフト「COMPANY」を受注しました。

「COMPANY」の人事・給与・就労管理・Webサービスの各システムを採用

朝日新聞社は、全社的なシステム再構築を進める中、全従業員約7千名の人事・給与分野の開発に着手していますが、自社あるいは委託で新規に開発するのではなく、大手企業への導入実績No.1であるワークスのパッケージソフト「COMPANY」の人事・給与・就労管理・Webサービスの各システムを採用することに決定しました。

基幹業務システム再構築のパッケージ導入が加速

業務適応率が非常に高いパッケージソフトである「COMPANY」は、各社の要望を汎用化し標準機能としてバージョンアップを続けているため、あらゆる業種の大手企業に導入実績を伸ばしており、すでに導入決定している企業と同業種の企業への導入は特に容易となります。

新聞業界大手の朝日新聞社が「COMPANY」の導入を決定したことで、今後の新聞業界の人事給与システムにおいて、パッケージ導入の動きが加速するものと予測されます。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示