WORKS APPLICATIONS

神戸製鋼所社が「COMPANY」で人事・給与システムを再構築

神戸製鋼所が、ワークスの「COMPANY®」で 人事・給与システムを再構築

 
株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役 牧野正幸、以下ワークス)は、株式会社神戸製鋼所(本社:神戸市中央区、代表取締役社長 水越浩士)が人事・給与システム再構築にあたり、ワークスの基幹業務パッケージソフト「COMPANY®」を採用したことを発表いたしました。
システム運営費を大幅削減し、環境変化へ柔軟に対応できるシステムを採用
鉄鋼業界大手の神戸製鋼所では、これまでホスト系システムを中心とした人事・給与システムを自社構築・運用していましたが、システムの老朽化による運用費用増大に加え、税制、社会保険等の社会制度変更やグループ経営強化のための施策実行等への対応が課題となっていました。 これら課題解決のために、この度、社員16,000名の人事・給与を管理するシステムの再構築を検討し、その結果、運営費用の削減と、社内外の環境変化への柔軟な対応が可能なパッケージとして、ワークスの基幹業務パッケージソフト「COMPANY®」の導入を決定いたしました。
採用の決め手は「COMPANY®」が持つ高度な標準機能とコスト・メリット
神戸製鋼所では、これまで築いてきたシステムを再構築するにあたって、構築費用および運営費用をいかにして最小に抑えることが出来るかということが大きな課題でした。 「COMPANY®」は、圧倒的に高いレベルの標準機能を備えている他、追加費用も一切かからないという大きなコスト・メリットがあり、導入費用の最小化と運営費用の大幅な削減が実現できると評価されました。また数万人規模の企業への多くの導入実績を持つことも採用の決め手となりました。 長い歴史を持つ鉄鋼業界における「COMPANY®」の導入は今回が初めてのケースで、ワークスにとって西日本地区における販売拡大に一層の弾みがつくこととなりました。
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示