WORKS APPLICATIONS

トッパン・フォームズが、グループ企業9社の人材リソースを統合管理。

トッパン・フォームズが、ワークスの「COMPANY®」を採用 グループ企業9社のリソースを統合管理

 
株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役 牧野正幸、以下ワークス)は、トッパン・フォームズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 福田 泰弘)が、グループ企業9社の人材リソースを統合管理するために、ワークスの基幹業務パッケージソフト「COMPANY®」を採用したことを発表いたしました。
変化に柔軟に対応するシステムで、グループ社員全体を統合管理
印刷業界大手のトッパン・フォームズでは、これまで業務システムをホストコンピュータで構築し、自社にて運用を行ってきましたが、社内外の制度変更に柔軟に対応するシステムの構築が求められていました。それに対応すべく、短期間での導入が可能で、コストも最小限に抑えられる基幹業務パッケージソフトとして、ワークスの「COMPANY®」の導入を決定いたしました。 採用した製品は、人事、給与、Webサービス、就労管理の各モジュールです。 対象となる社員数は、トッパン・フォームズのグループ企業9社の3,000名を含む計6,000名で、環境の変化に柔軟かつ素早く対応するとともに、グループ企業全体の人材リソースを統合的に管理することが可能になります。
アウトソーシングサービスやアライアンス契約も締結
また同時に、ワークスの「COMPANY®」の導入企業を対象として、帳票印刷や人事給与処理業務の委託を請け負うアウトソーシングサービスを両社で協業して進めていくことでも合意し、アライアンス契約を締結いたしました。トッパン・フォームズのソリューション営業本部が、自社で持つ顧客企業に対してワークス「COMPANY®」の拡販を積極的に行ってまいります。
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示