WORKS APPLICATIONS

王子製紙が人事・給与業務に新システムを導入

ワークスアプリケーションズの「COMPANY®」を採用

王子製紙が、人事・給与業務に新システムを導入 ワークスアプリケーションズの 「COMPANY®」を採用

 
株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役CEO 牧野 正幸、以下ワークス)は、王子製紙株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 鈴木正一郎)及びグループ企業の人事・給与システム刷新にあたり、新たにワークスの基幹業務パッケージソフト「COMPANY®」の導入を決定したことを発表いたしました。 導入作業・運営は、王子ビジネスセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長 寺尾 公男)が実施いたします。導入するモジュールは「人事・給与」、「Web サービス」です。
制度変更への対応と人材活用を目的に、新システムを選定
王子製紙では従来、自社開発システムで人事・給与の業務処理を行ってきましたが、現行のシステムでは、今後予想される社内外の制度改正を柔軟に吸収していくことが難しい状況でした。また、効率的なグループ経営を目指す中で、システム統合によるコスト削減を目指す上でも障壁となっていました。 これらを解決する手段として王子製紙が検討を行ってきたのが、新しい人事・給与システムの導入です。システム選定にあたっては、グループ全体での運用を前提に、制度変更や社会変化に柔軟かつ迅速に対応でき、積極的な人材活用と効率的な業務の実現を図ることができる点を重視し、検討を重ねました。 その結果、従来のような自社開発によるシステムや、カスタマイズを前提としたパッケージソフトでは、開発にかかるコストや導入期間の面で大きな負担が発生するのに対し、ワークスの「COMPANY®」は、カスタマイズを一切必要としないパッケージであり、コストと期間の両面において優位性があることから、新システムとして「COMPANY®」を採用することに決定しました。 導入が完了すれば、社内外の制度変更へ対応が迅速に行えるだけでなく、人的資源の有効活用、業務の効率化、ならびにシステム保守にかかる負荷の軽減を実現することができます。
グループ全体でシステムを共有し、幅広い人材活用とコスト削減を目指す
さらに王子製紙では、本体での導入を機に、グループ企業各社に「COMPANY®」の導入を進めていく計画です。 人事・給与システムを集約して、グループ全体で人事情報や労務情報を共有する事により、グループ内での人材の活用をより積極的に図り、グループ経営の強化に役立てます。また、各社が人事・給与業務をアウトソーシングしてシステムが共有化されることで、グループ全体としての大幅なコスト削減を図ることも大きな目標としています。 「COMPANY®」は、パラメータの設定を変更することで、こうしたグループ企業全体でのシステム統合の要望にも柔軟に応えることが可能です。
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示