WORKS APPLICATIONS

ハーバード・ビジネス・スクールのノウハウを営業部門の中途採用制度に導入、販売力の強化へ

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下ワークス)は、営業部門の中途採用において、株式会社グロービス(以下グロービス)の「MBAプログラム」を利用した新しい問題解決能力発掘型の採用制度を2005年4月1日に開始します。

選抜型プログラムを通し、ワークスの営業に必要な能力を発掘

この採用制度で入社する人材は、ハーバード・ビジネス・スクールのノウハウを活かした「MBAプログラム」に、入社直後の3ヶ月間で取り組みます。短期間の集中的なプログラムを通して、ワークスの営業部門に必要とされる問題解決能力と、3年以上の経験が必要といわれる大規模法人のコンサルティング・セールスの能力を発掘します。期間中に課せられる難易度の高い課題に挑戦し、それらを突破することで適性を見極めます。選抜型のこの「MBAプログラム」を卒業した場合にのみワークスの営業部門に配属され、実際の業務に携わることになります。

短期間のハードルの高い挑戦を通して、問題解決能力を発掘

募集は大学を卒業後、就労経験がある29歳までの人材を対象とします。筆記試験と面接の通過者は、「MBAプログラム」の受講を通じ、ワークスの顧客である大規模法人の営業で有利になる経営戦略やマーケティング知識、論理思考のフレームワークなどを履修します。研修はトップのスピードに合わせて進められ、期間中には難易度の高い課題が数多く課せられます。これまでにはない厳しい競争を突破できる能力の発掘が研修の目的となります。研修を通じて評価を得た受講生はプログラム履修後に営業部門に本配属され、OJT(仕事現場での研修)を受けながら実際のビジネスフィールドに挑戦していただくことになります。

開発・コンサルタント部門に続き、主要部門で独自の採用制度が完備

ワークスでは、パッケージソフトウェアの導入による企業の情報コスト削減を目指し、大手企業向け基幹業務パッケージソフト「COMPANY®」の開発・販売・保守を行っております。製品力の強化に向け、これまでにも中途採用時に応募者の職歴を問わず、異業界・異職種からの転職者を積極的に採用してまいりました。開発部門・コンサルタント部門では「特待生制度」という独自のプログラムを設け、IT業界未経験者を約5ヶ月の短期集中型の研修によって、業界経験5年以上のスキルレベルに教育する方法を導入しておりましたが、営業部門においては未だ整備がされておりませんでした。 ワークスの営業は、大手企業を対象にした非常に難易度の高いコンサルティング・セールスのため、基準を超えた優秀な人材の確保が必要になります。「特待生制度」で培われた高い実績と経験を生かした、このたびの営業部門における「MBAプログラム」制度の設置で、社内の主要部門におけるすべての採用方法が完備され、従来の製品力に加えて販売力の強化をはかります。

グロービスのノウハウを生かし、より良い人材の獲得を目指す

グロービスは、次世代のビジネス・リーダーたる「創造と変革の志士」を輩出する民間型ビジネススクールとして1992年からGMS(グロービス・マネジメント・スクール)を展開し、充実したカリキュラムと講師陣で高い評価を獲得しています。ワークスは、これまでも採用においてグロービスの協力を得てきましたが、ハーバード・ビジネス・スクールのノウハウが導入されたグロービスの「MBA プログラム」を選抜に利用することで、より良い人 材の配置が期待されます。 また、2005年1月16日(日)・2月5日(土)に、ワークスとグロービスによる合同セミナーを開催する予定です。応募の意志を問わず多くの方にご参加いただき、グロービス代表取締役の堀義人氏らの講演を行います。若手ビジネスパーソン向けに、必要となるスキルやキャリアについての考え方など、最新のビジネストレンドの観点からの内容を予定しています。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示