WORKS APPLICATIONS

2月2日より選考受付開始。投資金額は数千万円以上「プロの経営者」を輩出するための一人シリコンバレー創業プロジェクトを開始。 株式会社ワークスアプリケーションズがベンチャーキャピタル会社とタイアップ

主催 株式会社ワークスアプリケーションズ

共催 株式会社ジャフコ 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ レオス・キャピタルワークス株式会社 株式会社カスケード

 
株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役CEO 牧野正幸、以下ワークス)は、株式会社ジャフコ(本社:東京都千代田区、代表取締役 伊藤俊明)、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表 堀義人)、レオス・キャピタルワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 藤野英人)、株式会社カスケード(本社:東京都千代田区、代表取締役 赤堀広幸)と共催し、次世代を担う「プロの経営者」候補を発掘・育成し、有力な新規事業の創出を委ねるための、「一人シリコンバレー創業プロジェクト」を2月2日より開始します。本プロジェクトでは選考・投資審査を通過した経営者候補が実際に起業し、3年間でのEXITを目指すもので、起業においての必要資金は本プロジェクトから出資します。 本プロジェクトからの投資を受けるためには、経営者候補は、ワークスが今後事業拡大を狙う領域の中から挑戦するテーマを選び、その事業のビジネスプランを提出し、投資審査を受けます。個人だけでなく、チーム単位や法人としてのエントリーも可能です。選考の過程では、有力な事業案に対してワークス経営陣および共催のベンチャーキャピタリストから事業計画の強化のためのアドバイスを受ける機会があります。現段階で事業計画を作成中の方でもチャレンジが可能です。経営者候補は39歳以下の方を対象にしており、エントリーはホームページ(http://www.hitorisilicon.com/)にて受け付けます。 本プロジェクトで投資審査を通過した経営者候補は、ワークスとベンチャーキャピタル会社から段階的に約1,000万円から1億円超の投資を受けることができます。創業後、経営者候補は代表取締役になり、一切の経営の責任を委ねられ、3年を目安に事業の急速な成長とEXITの達成を目指します。ワークスは株主の一社として、経営のアドバイスを行うと共に、成長した事業のM&A(事業買収)の有力な候補となります。候補者の事業計画書は2月2日より受付を開始します。 ワークスは本プロジェクトを通して、大手企業向けパッケージソフト「COMPANY®」の製品ラインアップの拡充、サービス内容の拡大、対象顧客の拡大、海外展開を図ります。日本でも起業家が過大な自己資金リスクなしに創業に挑戦しやすい環境を作り、社会への貢献を目指します。 本プロジェクトの趣旨に賛同し、4社が協力をします。ベンチャーキャピタルにはジャフコ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、レオス・キャピタルワークスの共催が決定。カスケードは本プロジェクトの設計、運営および投資後の経営支援で協力します。
「一人シリコンバレー創業プロジェクト」の特徴
(1)経営者候補が一切の自己資金を投じずとも、事業の成長・拡大を実現すれば、与えられたストックオプションをもとに、短期間でキャピタルゲインを得る機会があります。(2)本プロジェクトにチャレンジすることにより、経営者候補は経営トップとしての経験と成長の機会を獲得できます。(3)事業を所有するオーナー経営者ではなく、あくまでも事業の急速な成長の真の立役者、すなわち「プロの経営者」、として成長することを目指します。
 
■参加条件
  • 事業領域に対応した事業計画書を提出すること
  • 年齢が39歳までであること(2005年4月末時点)
  • 事業に対してフルコミットメントができること
  • チーム・企業としてのエントリーも可能
■対象となる事業テーマ
  • ワークスにシナジーが強い事業テーマを募集 事業領域が、業務用ソフトウェア、人材・会計・ソフトウェアサービスと関連があること 顧客対象が、大手企業・中堅企業であること 技術・サービスに独自性があり、下請け構造の事業ではないこと あくまで自社で開発した商品・サービスを販売する事業であること
■募集期間   2005年2月2日から2005年4月30日まで
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示