WORKS APPLICATIONS

ワークスプロダクツ、中堅企業向け業務パッケージ「MONEY」を ノーカスタマイズ型で提供開始

~日本IBMと技術・マーケティングで協力~

ワークスアプリケーションズのグループ会社である株式会社ワークスプロダクツ(本社: 東京都港区、取締役社長:知名定三)は、会計、人事、給与の各業務に対応する中堅企業向け統合パッケージの新製品群「COMPANY® concept MONEY for iSeries」を発表します。 新製品群は、6月1日から提供を開始する予定です。本製品群の技術・マーケティング活動においては、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:大歳卓麻)が協力しています。

ノーカスタマイズのコンセプトで開発

「COMPANY® concept MONEY for iSeries」の最大の特長は、ワークスアプリケーションズの大手企業向けERP パッケージソフト「COMPANY®」シリーズと同様、カスタマイズは不要・ユーザー固有の要件を標準機能として満たしていることです。一般的に統合パッケージを導入する場合、独自の要件をカスタマイズとして追加するため、構築や保守に追加負担がかかります。「COMPANY® concept MONEY for iSeries」は、これらの要件を汎用化し、標準機能として提供するため、ユーザーは独自の追加作業をする必要がありません。 また、経費精算や給与明細の配布などの入出力処理を、社内外のweb 画面から行えることも特長の一つです。

IBMの「iSer iesイノベーション宣言」活用の国内第一号事例

ワークスプロダクツと日本IBM は、1999年から協業しており、本日発表の「COMPANY® concept MONEY for iSeries」は、IBM が本年2月に発表したiSeries のパートナー向け施策である「IBM eServer iSeries Initiative for Innovation」 (iSeries イノベーション宣言) プログラムを活用した国内第一号事例です。 両社は、同プログラムに基づき、ワークスプロダクツの「MONEY」が、統合アプリケーションサーバ「IBM eServer iSeries」上で最大限のパフォーマンスを発揮するため、以下の技術協力を実施しました。また、今後共同でマーケティング活動も実施していきます。

  • iSeries およびWebSphere に関する日本IBM からの技術支援
  • 「iSeries イノベーション・ラボ」(東京都中央区)における稼動検証

日本IBM との協力関係により、本来6ヶ月かかると見込まれるチューニング期間を、2ヶ月に短縮することができました。チューニング期間を短縮できたことにより、開発コストの削減と、市場のニーズへの迅速な対応が可能になりました。
 
<お問合せ先> 
ワークスプロダクツ:営業 荒井 
Tel:03-6229-2962 
e-mail:
arai@worksprod.co.jp 
日本IBM: 広報 金子 
Tel: 03-5563-4310
e-mail: kazk@jp.ibm.com

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示