WORKS APPLICATIONS

ワークスアプリケーションズ、 「COMPANY® 会計シリーズ」2製品の出荷を開始

~日本初 日本の大手企業の取引管理業務を大幅に軽減~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役CEO 牧野正幸、以下ワークス)は、「COMPANY® 会計シリーズ」追加2製品の正式出荷を6月30日に開始いたします。 出荷を開始するのは、大手企業向け統合債権債務管理パッケージ「COMPANY® Business Management(カンパニー・ビジネス・マネジメント)」、および2005年度より上場企業に強制適用となる減損会計に完全対応した統合資産管理パッケージ「COMPANY® Assets Management(カンパニー・アセット・マネジメント)」です。前者は計画通りの出荷、後者は、当初12月出荷予定だったものが早まり、今回の同時出荷となりました。 ビジネスのグローバル展開が加速する中、これまで、日本と海外の商習慣の差異をも吸収し、多種多様な取引に対応できるパッケージが存在せず、このため、日本の大手企業では自社開発、または、手作業で債権債務管理を含む取引管理業務を行っていました。「COMPANY® Business Management」は、日本の商習慣を強く意識し、日本の大手企業で行われる多様な商習慣にきめ細かく対応した日本初の統合取引管理パッケージです。 「COMPANY® Assets Management」は、固定資産管理に限らず、日本の大手企業のあらゆる資産管理業務を想定し、多様な業務プロセスをトータルにサポートします。減損会計および日本の税務申告にも完全に対応しております。 ワークスでは昨年12月に、「COMPANY® 会計シリーズ」の第1弾として「COMPANY® Financial Management(カンパニー・フィナンシャル・マネジメント)」を出荷しておりますが、今回の2製品は、同シリーズの第2弾および第3弾と位置付けられます。 これら2製品は、日本を代表する大手企業で構成される既存ユーザー様によるユーザーコミッティとのコラボレーションから生まれた会計シリーズとして、例外取引を含む多種多様な日本の商習慣にきめ細かく対応し、ROIを重視したアプリケーション・パッケージとなっています。ワークスのCOMPANY®シリーズとして実績のあるノーカスタマイズ(個別カスタマイズ不要)、無償バージョンアップ、ギャランティメンテナンスサービス(絶対に業務を止めない保証)などの独自コンセプトも継承しております。 なお、2005年末には、「COMPANY® 会計シリーズ」第4弾として、大手企業の財務資金管理パッケージ「COMPANY® Cash Management(カンパニー・キャッシュ・マネジメント)」の出荷開始を予定しております。

日本の商習慣にきめ細かく対応 ~「COMPANY® Business Management」~

現在、ビジネスのグローバル展開は加速の一途をたどっていますが、支払サイトの考え方などをはじめ、日本と海外の商習慣には大きな差異があります。グローバル展開を進める企業では、システム上でこのような商習慣の違いを吸収することが必須条件となります。 「COMPANY® Business Management」は、日本の大手企業で行われる多様な商習慣にきめ細かく対応いたしました。 また、「COMPANY® Business Management」は、COMPANY®ユーザーコミッティとのコラボレーションから生まれた製品です。このため、請求条件、支払条件など大手企業で発生するさまざまなケースを想定し、複数の請求条件がある場合や、金額等に応じて支払方法を分割するといった場合のように、多種多様な取引形態に対応しております。 さらに今後は、日々の取引の中で発生する例外的なパターン、特殊なパターン、突発的なケース等についても、ユーザーコミッティからの要望を吸収し、無償バージョンアップにおいて永続的な機能強化を行ってまいります。 当製品は、今後、発売が予定されている「COMPANY® SCM(サプライチェーン・マネジメント)シリーズ」に直結する設計を行っております。

減損会計に完全対応 ~「COMPANY® Assets Management」~

昨年までは任意適用であった減損会計は、2005年度より上場企業すべてに強制適用となります。「COMPANY® Assets Management」は、資産のグルーピングや回収可能額入力、減損仕訳生成といった基本機能から、グルーピングパターンや割引率を変えた減損シミュレーション等、減損会計の導入に必要な各機能を網羅いたしました。 また、標準機能に関しても大手企業のあらゆる資産管理業務を想定し、多様な業務プロセスに対応。固定資産管理はもちろん、リース資産管理や建設仮勘定、設備投資予算管理など、豊富な機能ラインナップで、大手企業の膨大な資産管理業務をトータルにサポートします。 そして、グローバルな展開を視野に入れながらも、日本の税法に的確に対応いたしました。償却資産税申告書や法人税別表16など、煩雑になりがちな申告業務の負荷を軽減する各機能を装備。今後の法改正等に際しても、COMPANY®の特長である無償バージョンアップで対応してまいります。 ワークスでは今後、ラインナップが出揃う「COMPANY® 会計シリーズ」の販売活動を積極的に推進していく計画です。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示