WORKS APPLICATIONS

ワークスアプリケーションズ、就業中の社会人を対象とした 「社会人インターンシップ」プログラムを2006年2月16日より開始

優秀な人材の獲得を狙う

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社 東京都港区、代表取締役CEO 牧野正幸、以下ワークス)は、大手企業向け基幹業務パッケージ「COMPANY」の研究開発エンジニア・コンサルタントの中長期的な採用を目的とした新しい中途採用制度として、29歳までの若手人材を対象とした問題解決能力を見極める「社会人インターンシップ」を2006年2月16日より開始いたします。

インターンシップ形式を取ることで、双方がマッチングをはかる機会が増大

ワークスでは、創業以来、論理的思考力と発想転換力を併せ持つ優秀な人材を「クリティカル・ワーカー」と定義し、一貫して採用活動を行っております。 「社会人インターンシップ」の最大の特徴は、参加者が離職というリスクを負うことなく現職に就いたまま、平日の夜間や休日を有効に使い、能力の見極めにチャレンジできる点にあります。ワークスにとっても、本インターンシップを通して、より多くの優秀な人材と出会い、双方のマッチングをはかる機会が増大すると考えています。 本インターンシップの募集対象は29歳までで、就業中の社会人とし、ITスキルの有無や職歴を問いません。ワークスが顧客とする1,000名以上の大手企業を対象にした業務パッケージの研究開発エンジニアやコンサルタントには、顧客が必要とする機能網羅性の想定力や、顧客状況を把握しながらプロジェクトを進めていく推進力が問われます。インターンシップでの課題にゼロベース思考で取り組み、自分自身の力で問題解決に至れるかどうかが重要となります。

成績優秀者には3年間有効の「入社パス」を授与

本インターンシップを優秀な成績で修了した参加者には、修了時点から3年間いつでもワークスに入社可能な「入社パス」を授与します。ワークスに入社後は、研究開発エンジニアもしくはコンサルタントとして本配属され、実際の業務に就くことになります。

研究開発エンジニアおよびコンサルタントの中途採用制度としては、1999年から選抜型研修「テクノロジスト養成特待生制度」を実施してまいりました。このプログラムは、約半年間の研修でコンピュータ専門学校3年分+実務1年分に匹敵するスキル・経験の習得を想定して設計されており、社会人インターンシップでもこの制度をもとにカリキュラムを組んでおります。養成特待生制度を利用し、現在までに214名が入社し、現場で活躍しています。
『社会人インターンシップ』概要

news051021.PNG  

対象:大卒以上29歳まで。就業中でソフトウエア開発実務未経験の方。 (IT知識・経験、性別は問わず) インターンシップ期間 2006年2月16日~2006年6月15日の4ヶ月間 内容 就業体験型ではなく、知識や経験だけでは絶対に解けない課題をクリアしていき、新しい価値を生み出す問題解決能力があるかどうかを明らかにする実践的インターンシップです。 
募集人数:30名程度

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示