WORKS APPLICATIONS

大鵬薬品が、新人事システムに「COMPANY®」を採用

~情報の戦略的活用を可能にし、企業力強化を図る~

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下ワークス)は、大鵬薬品工業株式会社(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 宇佐美通、以下大鵬薬品)より、人事システム・ワークフローシステムなど「COMPANY®」シリーズを受注したことを発表いたします。 医薬品業界では、昨今のグローバル化に伴い、国内においても急速な業界再編が進められています。大鵬薬品では、社内システムを一新し、様々な情報を戦略的に活用していくことで、高い情報力に裏打ちされた強靭な企業づくりを目指していきます。

大鵬薬品、社内システムを一新~「COMPANY®」選定へ

大鵬薬品では、ホストシステムの老朽化に伴い、会計・人事・生産管理など基幹系システムの全面的な見直しを進めてきました。「COMPANY®」は、この人事部分をカバーするシステムとして採用されたものです。

「COMPANY®」採用に至った理由

大鵬薬品は、以下を実現できるパッケージとして「COMPANY®」を選定しました。

  • -経営層に対し、蓄積されている人的資源情報をより戦略的に活用することが可能である点。
  • -大鵬薬品が目指す人事制度や人事システムに合致したパッケージである点。
  • -医薬品業界特有の業務にも標準搭載された機能での対応が可能である点。
  • -製薬会社において多数の導入実績があり、大手企業の人事管理・人材活用に関するノウハウが凝縮されたパッケージである点。
データベースに「IBM DB2」を採用した初の取り組み

ワークスでは、あらゆる企業ニーズに応えられるよう、様々なOS、ミドルウェアに対応した開発を進めてきました。データベースに関しても、「IBM DB2」への対応ニーズが高まっていたため、追加開発により、既に対応を完了していましたが、この度の大鵬薬品のケースが、「IBM DB2」が採用された初めてのケースとなります。 ワークスでは、今後も、あらゆる企業ニーズに対応すべく、製品の機能強化・拡充に努めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示