WORKS APPLICATIONS

eラーニングコンテンツのレビックグローバルと資本提携 ~市場拡大と営業力強化を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下ワークス)は、eラーニングコンテンツを提供する株式会社レビックグローバル(以下レビックグローバル)と資本提携し、eラーニングビジネスにおいて両社のシナジーを追求いたします。 このたびワークスは、第三者割当増資によりレビックグローバルの株式を20.86%取得します。今後、両社は共同で営業活動を行い、マーケットニーズに合致した総合的なeラーニングソリューションを展開してまいります。 国内eラーニング市場は、プラットフォーム・コンテンツ・運用サービスが1:4:5の比率で形成されています※。資本提携により、これまでワークスが対象としていたプラットフォーム市場に加え、今後はコンテンツや運用サービスにも対象市場を拡大します。 ※出典:矢野経済研究所

大手企業の人材育成ニーズに応えるソリューションを提供

ワークスの「COMPANY® Learning Management®」は、人事システムが管理する人事情報との密な連携により、大手企業が課題とする人事情報管理、教育研修情報管理、学習コンテンツ(eラーニング)管理を一元化できるプラットフォームを提供しています。 レビックグローバルは400タイトル以上のコンテンツを開発・保有しており、グローバルに事業を展開する企業やリーディングカンパニーを中心に、前身母体である旧株式会社リクルート映像時代から通算して、約15,000社への導入実績があります。 両社の提携により、レビックグローバルが提供するコンテンツを標準搭載した「COMPANY® Learning Management®」の提供を開始いたします。顧客企業は従来どおりプラットフォームに独自コンテンツを搭載するほか、レビックグローバルが提供するコンテンツの利用が可能となります。 また、レビックグローバルの教育コンサルテーションのノウハウを生かし、コンピテンシーマップ作成や階層別研修などに関する助言、制度の運用面で企業をサポートすることが可能となります。

営業機会の拡大を目指す

両社の資本および業務提携により、両社が持つ顧客基盤に対し、今後以下のアプローチを行ってまいります。

  • 顧客基盤の共有による共同提案
  • セミナー等、共同マーケティング

株式会社レビックグローバル 概要

株式会社リクルート映像(現株式会社リクルートビジュアルコミュニケーションズ)の映像出版事業および映像情報ネットワーク事業を承継した株式会社レビックとデイツーイーツー株式会社が合併し、2005年8月に発足。日本および中国において、企業内教育のための教材開発事業、eラーニングASP事業およびグローバリゼーション事業を手掛け、多数の日本企業、欧州企業の人材育成を支援している。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示