WORKS APPLICATIONS

2013年は339名と過去最多人数が入社

世界中から「優秀な人材」を採用し、新たなるイノベーションを引き起こす

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、2013年、過去最多の総勢339名の新入社員を迎えることとなりましたのでお知らせいたします。

2013年卒採用では、海外からの採用を強化し、中国やインドから多くの優秀な人材を採用いたしました。本日4月1日は、本社(東京都港区)にて入社式が行われ、当社代表取締役CEO牧野正幸が新入社員に向け激励のメッセージを送りました。

世界トップクラスの大学から、優秀な人材を採用

ワークスでは、自社の技術力のレベルをさらに高め、日本でソフトウェアテクノロジNo.1の企業へと飛躍するために、2010年より海外での優秀な技術者の採用を開始。昨年は、中国にて200名規模のインターンシップ実施や、インドでのプログラミングコンテストなど新たな取り組みにもチャレンジいたしました。
結果、中国の最高学府である北京大学や清華大学、インド理工系高等教育機関の頂点に立つインド工科大学(IIT)を中心とし、国外から75名の新入社員の入社が決定いたしました。今年からはシンガポールでの採用も開始、さらに世界中での採用力を強化してまいります。

11年目を迎えるインターンシップ、海外と日本の学生を交流させる初の試みも実施

本日4月1日には、毎年約4万人の応募者が集まるワークスのインターンシップの中で、優秀な成績を修め入社パス(※)を発行された学生が、本社(東京都港区)にて入社式に参加いたしました。同インターンシップは、今年で11年目を迎える、当社の国内採用における唯一の採用フローとなっております。
なお、昨年度より新たな試みとして、上海・アメリカにて、日本人学生と現地学生が交流をはかりながら実施するインターンシップを開始、今年もさらにカリキュラム内容の拡充や多様化に努めてまいります。

※優秀な成績を収めた学生には、内定ではなく、卒業後複数年の期間中いつでも入社可能な権利として
  入社パスを発行している

「貪欲に成長し日本を背負って立つ人材へ」
-当社代表取締役CEO牧野正幸の訓示(抜粋)

ワークスアプリケーションズでは、私たち創業者が今なお社会に貢献していくという、強い想いを持って事業を行っている。社会に貢献するにあたり、われわれが優秀だと思い採用したみなさんが入社をしてくれたことは、非常に心強い。
そんなみなさんに、伝えたいことが3つある。

  1. 何万という応募がある中で突破をしてきたみなさんは、貴重な人材で会社の戦力になる。 数ある企業の中からワークスを選んでくれてありがとう。
  2. この10年間で成長するかしないかでは、ものすごく大きな差が出る。能力だけではなく、挫けない心や成長に対する貪欲な気持ちをもって頑張ってほしい。
  3. 日本は緩やかに停滞を続けている。みなさんが成長して力をつけたら、ぜひ世の中の役に立ってほしい。
    日本を背負い、いろいろな人にインスパイアできる人材へ。

会社のためではなく、自分の成長に集中し、10年後に自分の力で自分の全てを決められる人材になってほしい。研修が終わった半年後、みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

株式会社ワークスアプリケーションズ
代表取締役CEO 牧野正幸

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:殿岡・鶴田
TEL : 03-6229-1231
FAX : 03-6229-1202
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示