WORKS APPLICATIONS

田辺三菱製薬、人材の活躍を支える人材データベースとして「HUE」採用

海外事業展開を加速するためのグローバル人材管理と、業務プロセス見直しによる働き方改革を推進

0628.png株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:三津家正之、以下 田辺三菱製薬)より、2002年からご利用の「COMPANY」HRシリーズの後継製品として、「HUE HR Core」「HUE Payroll」「HUE Attendance Management」「HUE Talent Management」をご採用いただきましたのでお知らせします。  

  TOPIC
    1.国内外の人事管理ニーズにきめ細かく対応する人材データベースを構築      
    2.業務プロセス改革により生産性向上を追求し、間接部門の精鋭化および全従業員の業務省力化を徹底


0628.jpg田辺三菱製薬は、1678年に創業、日本の医薬品産業発祥の地である大阪の道修町に本社を置き、医療用医薬品事業を中心とする国内上場企業としては最も歴史ある老舗企業です(※)。重点疾患領域である「自己免疫疾患」「糖尿病・腎疾患」「中枢神経系疾患」「ワクチン」を中心に、アンメット・メディカル・ニーズに応える医薬品の創製を通じて、世界の患者さんの健康に貢献しています。  


「HUE」の活用により、グローバルでの適材適所配置を促進し、海外事業展開を加速する

田辺三菱製薬は、国内医療用医薬品を取り巻く事業環境が急激に変化するなか、世界最大の医薬品市場である米国を中心とした海外事業への戦略投資を積極的に行い、海外事業展開を加速させています。そのようななか、海外現地法人を含めた人材情報管理ニーズの高まりを受け、現行システム「COMPANY」から「HUE Talent Management」を含む「HUE」HR Suiteへバージョンアップすることを決定しました。グローバルに活用できる人材データベースを構築することで、人材管理機能の強化を行い、国内外主要ポストにおける後継者管理や、専門性・業務経験歴等を活用したグローバルでの適材適所配置等にも役立てていきます。

「HUE」を活用し、働き方改革を推進する

「HUE」はワークスがこれまで蓄積した業務ノウハウと、業務ログデータを活用した人工知能(AI)を搭載しています。従来は人の手を介して行っていた入力業務や目視による確認業務、問い合わせ対応業務、書類作成業務等を「HUE」により実行し、当該業務を効率化することが可能となります。
田辺三菱製薬では、「HUE」を活用した間接部門の抜本的な業務プロセス見直しや、全従業員の業務省力化を行い、働き方改革を推進していきます。

クラウド型ERPシステム「HUE」について

「HUE」は、大手企業に対応できる業務機能とプロダクティビティツール、高度な人工知能(AI)技術を搭載した、大手企業向けクラウド型ERPシステムです。「HUE」には過去20年に渡り、独自のビジネスモデルで培った日本を代表する1,300企業グループの業務プロセスや業務ノウハウがつまっています。
業種・業態を問わず、大手企業に必要とされる業務要件や商習慣を汎用化し、「標準機能」として搭載し提供し続けているからこそ、複雑な業務プロセスをもつ企業であっても、個別のカスタマイズをせずシステムを導入することが可能です。
「HUE」は日々蓄積される膨大な業務ログデータを機械学習の技術を用いて学習・分析し、すべての従業員の業務を支援するパーソナルアシスタントを提供することで、企業のビジネスの変革に貢献します。

0628_2.png

(※)東京商工リサーチ調べ

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:岡田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示