WORKS APPLICATIONS

千葉銀行、顧客対面時間増加を目指し「ArielAirOne for COMPANY」を採用

徹底したデジタル化とペーパーレス化で生産性向上を目指す

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社千葉銀行(本社:千葉県千葉市、取締役頭取:佐久間英利、以下 千葉銀行)より、グループウェア、およびワークフロー基盤として「ArielAirOne for COMPANY」(以下 Ariel)を採用いただきましたのでお知らせします。

ちばぎん 導入事例千葉銀行では、ITを活用した業務のさらなる効率化や徹底したペーパーレス化を進めています。また、時間や場所に捉われない「働きやすく、働きがいのある」職場の実現を目指した「働き方改革」にも取り組んでいます。 

「紙文化」からの脱却とデジタル化を推進。行員の働き方を変革するArielの採用

Arielは多様な業種業態に対応した標準コンポーネントを豊富に搭載しているため、必要な部品を組み合わせるだけで、千葉銀行独自の業務運用に則したシステムを構築できます。導入後の業務運用変更にも部品の組替えで対応できるため、迅速に現場の要望を反映することが可能となります。また、行内で定められた手続きを反映した申請フォーマットの作成等、銀行業務に求められる細かな運用にも対応できます。

1. 申請ワークフローの電子化により、申請者の作業負担軽減を狙う

各種申請・報告書等の印刷・回覧・捺印・FAX送付等の作業が不要になることで、各種作業時間の削減が見込まれます。また、Arielは申請内容に応じた承認フローの設定はもちろん、代行決裁や決裁者ではない社員の事前レビューを申請フローに組み込むなど、銀行特有のワークフローも電子化対応することで、これまで以上に迅速な意思決定が可能となります。

2. 法律に基づく業務ルールの変更等、行員が把握すべき情報を迅速かつ確実に周知

Arielのポータル画面を確認するだけで簡単に必要な情報へアクセスできます。これまでよりも、必要な情報確認を短時間で行うことで、お客さまと接する時間を増やし、より満足度の高いサービスの提供を実現します。

ワークスは今後も千葉銀行へArielを通して効率的な業務運用と働きがいのある職場環境を提供することにより、行員一人ひとりがお客さまへのサービス向上に注力できる環境を支援してまいります。

 

「ArielAirOne for COMPANY」についてアリエル グループウェア

Arielは大規模組織向けWebコラボレーションウェアです。日本の大企業で必要とされる機能を標準アプリケーションとして提供しています。

3つの製品コンセプト

1. コンポーネントパッケージ

標準コンポーネント(システム部品)を組み合わせることにより、非定形型の情報共有システムをスピーディーに構築します。

2. リクエストバージョンアップ

利用者のニーズや要望、システム要件を標準コンポーネントとして製品機能に反映し、システム環境の変化にも対応します。

3. セイフティコンバージョン

標準コンポーネントで構築した独自のアプリケーションに対しても、バージョンアップでのシステム互換性を維持します。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:渡邊
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示