本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示

HUE SCM Suite

調達管理・販売管理・原価管理といった
発注・取引形態を網羅し、あらゆる業種の業務プロセスを統合管理。



 お問い合わせ   資料請求 



HUE SCM Suite
製品ラインナップ


得意先毎に異なる独自のフローや多様化する販売チャネルに標準対応


  • 効率的で正確な受注登録
    • 多様な商品・サービス・取引条件に応じて、最適な受注登録機能を提供。最も効率よく正確な受注情報の登録が可能。
  • 業界独自の業務も標準対応
    • 建設業におけるジョイントベンチャーでの取引など、業界独自の業務も標準機能でサポート。

    業種、業態固有の発注や取引形態に標準対応


  • 過去の情報に素早くアクセス
    • 過去の見積情報や仕入実績等に素早くアクセスできるから、ソーシング業務の効率化を実現。
  • 納期遅延や不正防止をサポート
    • 日々の膨大な調達案件の中から、確認が必要なものをシステムが自動でピックアップし、納期遅延や不正防止をサポート。

    原価計算はもちろん、予算や着地見込、採算の管理まで網羅


  • 迅速な原価・採算把握
    • さまざまなアシスト機能の提供によって、作業負荷の軽減と迅速な原価・採算把握を実現。意思決定のスピードアップに貢献。
  • 問題点の見える化
    • 原価や採算の問題点の見える化と根拠数値へのスムーズなドリルダウンができるため、戦略策定を強力にサポート。
  • 収益性・成功率の向上
    • 豊富なデータをもとに、効果的な計画策定・アサインメント、実行時における遅延や利益率変動をいち早く察知。プロジェクトの収益性・成功率の向上、安定化を実現。

     大手企業の不動産収益改善を支援する、統合不動産管理パッケージ


  • 複雑な管理形態に標準対応
    • オフィス、商業、物流施設、複合型施設等までワンパッケージで。区分所有・持分所有等の複数オーナーによる管理スキームをはじめ、オーナー/AM/PM等、不動産管理に関わるすべての業務に対応できるため、部門・グループ間の連携を強化し、徹底した業務効率化を実現。
  • 収支予実情報に基づき、機動的な収支改善をサポート
    • 収支予実情報を自動的に収集し、収支情報・予実情報の根拠までドリルダウンして確認可能。さらに、蓄積される情報をもとに物件やエリア毎といった柔軟な切り口で、将来予測や見込みが照会できる等、戦略的な投資判断をサポート。
  • 契約管理から請求入金等の会計処理までを網羅
    • 会計処理機能まで標準機能で提供しているため、契約情報等を入力するだけで、前受収益データ、フリーレントを考慮した賃料収益データといった会計情報に変換して仕訳を自動作成。会計システムとの連携にあたり、重複作業の排除や作業ミスを防止。

    機会損失の防止や配送コストの最小化を実現


  • 在庫情報を横断確認
    • 目的の商品在庫に瞬時にアクセスし、現在庫や入出庫予定の在庫情報はもちろん、販売価格や調達計画などSCM Suiteが持つ情報を横断的に参照可能。
  • 販売機会損失の防止や在庫回転率の向上
    • 現在庫の他、入庫予定への引当を可能にし、在庫予測の精度向上、販売機会損失の防止や在庫回転率の向上をサポート。

     貿易管理業務の効率化を実現


  • 輸入・輸出取引に必要な一連の業務をサポート
    • 輸出入品の台帳管理や納期、輸出書類の作成などの取引管理に加え、計上基準に準拠した仕入・売上計上、未着品の管理など、輸出入取引に必要な一連の業務をサポート。
  • 確実な輸出審査を実現
    • 該非判定の自動判定機能や、過去審査結果の参照、サジェスト機能により、迅速かつ確実な輸出審査を実現。



    導入事例

    HUE Suiteをご採用いただいたお客様の声をご紹介いたします。




    鹿島建設株式会社


    「“100年をつくる”会社として、100年先に繋がる基幹業務システムを求めた。 HUEが、業務の効率化・高度化への対応と同時に新たな業務変革のきっかけを 与えてくれるものと期待している。」
    鹿島建設株式会社  常務執行役員
    内田 顕 様

    詳しく見る

    戸田建設株式会社


    人件費や資材の高騰により、業界全体で生産性の向上が重要な課題とされる中、持続的成長を支えるシステムの再構築が急務。生産性向上のための新たな3つの「枠組み」の構築を目指す。

    野村不動産株式会社

    野村不動産および主要グループ3社で賃貸業務システム刷新プロジェクトを発足。業務の効率化と生産性の向上を追求し、野村不動産グループとして働き方改革を推進する。