『ハタラクエール2021(福利厚生表彰認証制度)』を受賞

2021年4月8日

株式会社ワークスアプリケーションズ

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役最高経営責任者:井上直樹、以下 ワークス)は、2020年に引き続き、優れた福利厚生を持つ法人として、福利厚生表彰・認証審査委員会から福利厚生推進法人『ハタラクエール2021』を受賞したことをお知らせいたします。

ハタラクエールは、福利厚生の充実・活用に力を入れる企業・団体・自治体を表彰する制度です。ワークスは、お客様へご提供する製品・サービスの原動力は従業員であると考え、高い問題解決能力を有した人材「クリティカルワーカー」を採用し、安心して挑戦し続けることができる環境を提供しています。

福利厚生においては、例えば、女性のママ社員が“働くことを楽しめる”理想の制度を目指して、内容や運用方法を設計した制度「ワークスミルククラブ」は、数多くの社員に活用されています。また、新型コロナ対策においても、いち早くテレワークを徹底し、社員の感染リスクを極小化するなど時代に即応した制度の充実化を図ってきました。

ワークスが評価されたポイントは、まさに制度の運用充実の視点です。提供されている福利厚生制度の利用状況は高く、非正規社員を含む多様な従業員に福利厚生を提供しているところが評価されました。今後も社会や従業員のニーズの変化に柔軟に対応し、より良い環境を提供できるよう取り組んでいきます。

 

 

ハタラクエール(福利厚生表彰・認証制度)とは

福利厚生の充実・活用に力を入れる企業・団体・自治体(以下、法人)を表彰する制度です。福利厚生の一層の普及・発展を目的に、福利厚生の充実に取り組む福利厚生推進法人と、そのなかで特に優れた取り組みを行っている優良福利厚生法人を、それぞれ認証・表彰します。

審査基準は主に以下の視点で評価されます。

・自法人の人事・労務上の課題をどれだけ把握しており、その課題に対して福利厚生の活用でどれだけ対応しているか
・福利厚生の目的をどう位置付け、その目的に対して福利厚生がどれだけ効果を発揮しているかを把握しているか、把握の方法論はどうしているか
・福利厚生制度をどれだけ整備しているか、さらに現状を踏まえて今後充実の方向性はあるか、
 正社員だけでなく非正規社員を含む多様な従業員にも福利厚生が適用されているか
・実施している福利厚生制度が十分利用されているか
・経営者および福利厚生担当者の福利厚生の取り組みへの理念・ポリシー・思いは十分か
・自発的離職の程度等

 

 












ワークスアプリケーションズについて

株式会社ワークスアプリケーションズは、日本産の国内向け業務アプリケーションのパッケージソフトウエア企業として、1996年7月に事業を開始いたしました。健康経営にも積極的に取り組み、「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」受賞や総務省主催の2020年度「テレワーク先駆者百選」に選定されております。「働く」の概念を変え、仕事をより創造的なものへ、そして企業の生産性を高め、企業価値を拡大する、この企業理念のもと、ERPプロバイダーとしてさらなる発展を目指します。

 *会社名は各社の商標又は登録商標です。
  • * 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。
  • また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関するお問い合わせ先

株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:上月
TEL : 03-3512-1400 FAX : 03-3512-1401 Eメール: pr@worksap.co.jp

お問い合わせ