検索アイコン
 
資料
ダウンロード
  1. 株式会社ワークスアプリケーションズ
  2. HUE Works Suite
  3. チャットボット

チャットボット

自社独自のNLP(自然言語処理)技術を応用して
日本語の”揺らぎ”に対応するAIチャットボットです。

チャットボットとは

NLP(自然言語処理)技術を応用して日本語の”揺らぎ”に対応するAIチャットボット。言語辞書があり、登録語彙は国内最大の290万語(2021年5月現在)辞書登録の必要がなくFAQの数を削減。すぐに利用を開始できます。一問一答のほか、シナリオ形式、複数候補提示、画像での回答、外部API呼び出しなど、回答に行き着く複数のアプローチ方法を採用しており、FAQが多くある場合は、詳しく知りたい内容はどれかを自動的に聞き返すことで、高い精度で回答することができます。

チャットボットとは

チャットボットで
実現できること

Point1

日本語独自の”揺らぎ”に対応したチャットボットを作成できます

NLP技術を応用して、「向日葵-ひまわり-ヒマワリ」といった文字種の違い「受け付け-受付け-受付」といった送り仮名の違い、「シミュレーション-シュミレーション」といった間違った表記「Suica-ICOCA-Kitaca」など具体固有名詞の差異なども、同じ意味として理解することができ、ユーザーがその賢さを実感できるような対話を実現します。

日本語独自の”揺らぎ”に対応したチャットボットを作成できます

Point2

簡単・的確な対話をアシストします

チャットボットが回答の中から自動で候補となる言葉をピックアップし、選択肢を提示。利用ユーザーはただ選択肢を選ぶだけで、最適な回答を手に入れることができます。想定される選択肢は、管理者が事前に設定しておくことも可能です。

簡単・的確な対話をアシストします

Point3

ノンプログラミングで管理が直接実施可能です

チャットボット運用に必要な情報の登録・メンテナンス作業は、すべてお客様自身の手で行っていただけます。事前の申請や作業依頼の必要はなく、いつでもすぐに何度でもご自身で直接作業可能です。プログラミングスキルは一切不要で管理画面の直感的なUIから簡単に操作でき、これにより変化にも柔軟に対応した運用を実現できます。

ノンプログラミングで管理が直接実施可能です

Point4

稼働後のPDCAもサポートし、高い水準を維持できます。

チャットボットが回答の中から自動で候補となる言葉をピックアップし、選択肢を提示。利用ユーザーはただ選択肢を選ぶだけで、最適な回答を手に入れることができます。想定される選択肢は、管理者が事前に設定しておくことも可能です。

稼働後のPDCAもサポートし、高い水準を維持できます。

チャットボットの豊富な機能

チャットボットの活用シーン

活用シーン 01社内の問い合わせ対応が多くて困っている

 

社内手続きなどに関してマニュアルを整備しても、社員からの問い合わせが減らず、通常業務が回らない。

 

 

社内ポータルなどにチャットボットを設置し、よくある質問はチャットボットに回答させることで大幅に問い合わせ対応時間を削減、業務改善することができます。

活用シーン 02カスタマーサポートを強化したい

 

お客様からの問い合わせがコールセンターが営業している日中しか対応ができないため、日中以外での対応を可能にして、生産性を向上させたい。

 

 

24時間365日問い合わせ対応できることで、お客様からの顧客満足度向上に繋がります。問い合わせ内容は、そのままお客様の声として集約し、課題の発見、更なる売上向上施策に繋げることが可能です。

活用シーン 03外部コミュニケーションツールにチャットボットも組み込みたい

 

利用しているツールは沢山あるが、それぞれ単体での利用になっており、生産性向上を目的により効率化をさせたいと思っているがどうしたらよいかわからない。

 

 

Microsoft Teams, LINE, Google Chat, Chatworkなど利用しているツールにチャットボットを組み込むことで、新たなサービスの提供や業務効率化を実現できます。

よくある質問

自然言語処理とは何ですか?
自然言語処理(NLP、Natural Language Processing)とは、日本語や英語など人間が使っている言語をコンピュータに処理させるための技術やソフトウェアです。
かな漢字変換、情報検索、音声認識など様々なシーンで活用されています。
スマホでも使えますか?
はい、以下のブラウザで動作します。
・Google Chrome
ただし、メンテナンス画面は画面解像度が小さいため、ご利用が困難です。 PCからの利用を推奨します。
アイコンは変更できますか?
はい、弊社側で用意しているアイコンが複数ございますので、そちらよりご変更いただけます。
また、お客様ご自身で作成した任意の画像をアイコンとして利用することも可能です。
徳島人工知能NLP研究所について教えてください
2017年2月に正式稼働した、自然言語処理(NLP)に特化した研究開発機関です。
人工知能、特にNLPを活用した業務効率化・生産性向上を実現し、新しい働き方を提案するための研究、サービス開発を実施しています。

資料ダウンロード

HUE Works Suiteのチャットボットに関する資料

HUE Works Suiteのチャットボットに関するすべての情報を1冊にまとめた資料です。

他サービスについてもっと詳しく知る

;