「HUE ワークフロー」、電子契約サービス「freeeサイン」とAPI連携
ー契約書の社内承認から契約締結までをシームレスに完結ー

2022年4月27日
株式会社ワークスアプリケーションズ

 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役最高経営責任者:秦修)は、ワークスアプリケーションズ・グループが提供するノーコードワークフローサービス「HUE ワークフロー」と株式会社サイトビジット(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭政人)が提供する電子契約サービス「freeeサイン」について、4月26日(火)よりAPI連携を開始したことをお知らせいたします。

 今回の連携により、「HUE ワークフロー」上で社内承認された契約書はワンクリックで「freeeサイン」に遷移し、自社内での電子契約はもちろん、相手方への契約書送信・締結・返送・保管までをシームレスに完結し、社内承認や契約書締結完了までの時間を削減します。

1.連携の概要

「HUE ワークフロー」は、押印申請や経費精算、備品購入など様々な社内稟議・申請をデジタル化し、ペーパーレスと情報の一元管理を実現するノーコードワークフローサービスです。「freeeサイン」は、オンライン上で幅広い文書の作成・稟議・送信・締結・保管が完結する電子契約サービスです。2つのサービスが連携することにより、社外との契約が発生する稟議や申請が「HUE ワークフロー」にて社内承認された後、後続する契約締結業務についても、紙で出力・郵送したり、他の電子契約サービスにデータをアップロードし直したりすることなく、一気通貫で完結します。

また本連携サービス利用に際し利用料金・初期費用(※)はかかりません。
(※)本連携サービスをご利用いただくためには、「freeeサイン」利用者はAPI連携オプションへの加入・Light~ProPlusプランへの加入が必要です。

2.連携で実現すること

契約締結までの時間を短縮し、ビジネスを加速
社内のワークフローをデジタル化するだけでも業務効率は上がりますが、その後の契約締結業務については、契約が紙書類だった場合、押印のために出社して、書類を郵送し、契約書が返送されるのをただ待つという時間が発生します。今回の連携によって、社内承認から契約締結までシームレスに完結しますので、契約完了までの時間を大幅に短縮でき、ビジネスを加速化させます。

業務効率化と内部統制強化を同時に実現
「HUE ワークフロー」により社内申請の段階でも進捗確認やリマインドが容易にできるうえ、契約手続きにおいても「freeeサイン」によって契約書がどのようなステータスにあるのかもシステムにアクセスすれば一目で分かり、確認の手間が省けます。また、社内申請と契約書面を紐づけてデータを保管できるため、情報の一元管理も実現します。誰が承認し・契約締結を行ったかという点も証跡が残るため、業務効率化と同時に内部統制の強化も実現します。

3.「freeeサイン」について

はじめての方でも安心して使える弁護士監修の電子契約サービス「freeeサイン」。契約書だけでなく、申込書や入社関連書類など幅広い文書の【作成・稟議・送信・締結・保管】ができます。さらに「確実に・すぐに」つながるサポートで利用者・取引先が抱いた不明点をすぐに解決します。今後、freeeの提供する統合型クラウドERPサービスと共に、会計・ワークフロー・人事労務と契約を一体で効率的に管理できる仕組みを構築していきます。

「freeeサイン」製品サイト:https://www.ninja-sign.com/

4.「HUE ワークフロー」について

ノーコードで現場で簡単に利用することができるワークフローサービスです。
管理部門向けサービスを表彰する「Manegy Award 2021」総務部門にて優秀賞を受賞しています。
(
https://www.manegy.com/awards/2021/)











特徴1 かんたんペーパーレス化
エクセルの申請フォームを取り込み、すぐに利用開始できます。申請フォームはスプレッドシート形式で作成可能で、使い慣れた操作感で直感的に設定することができます。紙の申請書をそのまま利用することを想定した機能を備えているため、簡単にペーパーレス化を実現します。

特徴2 日本企業特有の複雑な業務に対応
組織を跨ぐような複雑な処理フローであっても、ドラッグ&ドロップで紙に描くようにフローを作成し、ノーコードで簡単に設定できます。申請者の組織に応じた承認経路の自動判定、申請書の内容に応じた条件分岐、代理申請・代理承認、印影など、日本企業の複雑な業務に対応する機能を簡単に設定できます。

特徴3 蓄積データの分析・活用でDX推進
システムに蓄積された承認データを、さまざまな切り口で自由に集計・分析できます。例えば、経費の利用状況や売上予測など経営活動に必要な様々なレポートを自由に作成できるほか、それらのレポートを定期的に自動出力することも可能です。従来、集計データの作成に費やしていた時間やコストを削減し、データを活用したDX推進を後押しします。

「HUE ワークフロー」製品サイト:https://www.worksap.co.jp/saas/workflow/

株式会社サイトビジットについて

会社名 :株式会社サイトビジット ※freee株式会社70%出資子会社

所在地 :(本社)東京都千代田区神田錦町3-1 オームビル2階
      (北陸カスタマーセンター)新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1945-1 リアライズ万代橋ビル 2F

代表者 :代表取締役 鬼頭政人

設立  :2013年4月24日

事業内容:電子契約サービス「freeeサイン」の運営

URL   :http://sight-visit.com/

ワークスアプリケーションズ・グループについて

ワークスアプリケーションズ・グループは、1996年の創業以来、日本発の業務アプリケーションのパッケージソフトウェア会社として、主に国内の大手企業向けに製品・サービスを提供してまいりました。「働く」の概念を変え、仕事をより創造的なものへ、企業の生産性を高め、企業価値を拡大する、この企業理念のもと、ERPを軸としたソリューションプロバイダーとして、大手企業に加えて中堅・中小・スタートアップ企業のDX推進のパートナーとなれるよう、さらなる発展を目指していきます。

会社名 :株式会社ワークスアプリケーションズ

所在地 :東京都千代田区麹町 2-5-1 半蔵門 PREX South 2F

代表者 :代表取締役最高経営責任者 秦修

設立  :1996年7月

事業内容:ERPを軸としたソリューション事業の運営・管理

URL  :https://www.worksap.co.jp/

  • * 会社名は各社の商標または登録商標です。
  • * 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。
  • また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関するお問い合わせ先

株式会社ワークスアプリケーションズ 広報担当
TEL : 03-3512-1400
FAX : 03-3512-1401
Eメール: pr@worksap.co.jp