管理会計システム HUE AC

「HUE AC」シリーズでは「財管一致」をコンセプトに、財務会計と管理会計を同時に実現できるソリューションを提供しています。大手企業のデータ量でも快適に動作するエンジンを保持し、グラフィカルなレポート・自由度の高い分析機能をシステム内で提供することで、経営層や現場責任者向けのサマリレポート作成・展開を容易に行うことが可能です。

  • 特徴01

    会計元帳を軸に多数の情報を
    複数次元で分析可能

    表示項目数や照会形式の掛け算で2万を超える見せ方ができるため、様々な切り口での分析を行っていただけます。
    「前期との比較」と「予算との比較」など複数条件で同時にハイライトで表示させることが可能。
    確認ポイントが明確になるだけでなく、該当箇所の絞り込みにも対応しています。

  • 特徴02

    情報・コミュニケーションを
    分断しない効率的な予算策定

    既存表計算ツールの形式や入力制御を踏襲できる業務システム一体型のスプレッドシートを使うことにより、各部門が業務システム上で共同編集することが可能です。煩雑なバージョン管理の必要がなく、コメント機能等を利用することで、情報やコミュニケーションが分断されることがありません。予算策定時に必要となる前年同期の実績額や、前期からの目標成長率等の参考情報を参照しながら、効率的に予算編成を行うことが可能です。

  • 特徴03

    必要な情報をグラフィカル
    素早く提供

    仕訳データを集約し、棒グラフや円グラフのような状況を即座に把握しやすい形式で表示することが可能です。
    ユーザー様の要望を取り込んだ、運用に沿うテンプレートを多数ご用意。
    損益分岐点分析、前年同月との比較、損益実績推移などワンクリックで切り替えて照会していくことが可能です。

管理会計機能例

多次元残高照会

3000を超える照会可能項目を組み合わせ多彩な残高照会を可能としました。
そこに加えて、グループ串刺しでの照会やハイライト設定やExcelテンプレートなど圧倒的な多機能性をシンプルに表現しています。

多次元残高照会

予算ESS

Excelの式を使えてコミュニケーションもできるスプレッドシートを予算業務にマッチさせました。
各部門が入力した予算情報がリアルタイムに確認できるため、不明点はすぐにセルにコメントをつける形でやり取りが可能です。

予算ESS

ACコンシェル

部門別(負担部門)、事業所別、全社別の損益情報をグラフィカルなコンテンツで可視化します。
売上高の予実比較、部門内訳情報等の多角的な分析が行えます。
画面をそのまま印刷する事もできるため、報告資料作成の負荷を削減可能です。

ACコンシェル

導入事例

  • コープデリ連合会

    RPA

    コープデリ連合会

    RPAによる手作業の自動化で作業時間を1/12に短縮
    ワークス提供のRPA導入サービス活用事例

  • 日本空港ビルデング株式会社

    グループウェア

    日本空港ビルデング株式会社

    グループ16社、会社・部門・職位を越えた情報共有を実現 Arielは業務の入り口であり重要な情報のデータベース

  • 会計

       

    経費精算

    社会福祉法人 聖隷福祉事業団

      

    #業種:医療・保健・福祉・介護サービス

    経費精算にかかる業務時間を8分の1に削減! HUE Expenseで、キャッシュレス・DXの実現を目指す。

  • 株式会社ディップ

    会計

    ディップ株式会社

    約30%の購買業務の工数削減を実現 「HUE Classic Purchase Management」導入

  • 株式会社NSD

    SCM

    株式会社NSD

    多岐にわたる領域の機能を標準搭載した「HUE Classic Project Management」を導入

  • ダスキン

    会計

    ダスキン

    IT投資コスト削減を狙い「HUE」採用
    経営効率を最適化し、持続的成長を目指す

  • AC

    パーソルホールディングス株式会社

    #業種:人材紹介

    多種多様なカルチャーのグループ企業が集う
    「HUE Classic」ACシリーズ導入

導入事例をもっと見る

お役立ち資料がダウンロードできます

資料一覧を見る

お問い合わせ