株式会社ワークスアプリケーションズ

お役立ち情報・コラム

【製造業向け】 固定資産管理システム比較のポイント4選!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

固定資産管理システムといえば、償却計算の自動化や資産の取得・除却・移動といった業務機能が頭に浮かび、各社のシステムでの差分が判断しづらくなりがちです。しかし、工場で大量の資産を有し、管理会計を重視する「製造業」の企業では、基本的な機能のみならず、より高度な管理を行うための機能が求められます。 本記事では、こうした「製造業」の企業が固定資産管理システムを比較検討する際に、各社で差がつきやすいポイントに着目してお伝えします。



製造業の固定資産管理業務の特殊性

装置.jpg

①工場・現場とのやり取りが必要

製造業では全国に複数の工場がある場合も多く、それぞれの現場で資産を購入したり、廃棄したりしています。これらの資産の動きに対しては、仕訳が必要であり、償却計算への影響もあるため、記録をすることが求められます。本社では各現場の資産の状況を確認したり、報告内容を精査したりと、拠点が多ければ多い程、現場とのやり取りに時間を取られてしまうことが多いです。また現場で資産の変更に対して、入力が漏れていたり、適切な入力がされていないということも少なくなく、確認や調整などによって労力がかかる一因にもなっています。

 

②固定資産がコストに直結

製造業では、各製品の製造に関わる装置や備品の償却費が製造原価に加算されるため、正確な固定資産の管理が求められます。例えば稼働停止中の資産については、期間に応じて償却科目の変更や償却の停止といった処理を反映させる必要があります。モノを製造するために多数の装置を利用する製造業ならではの特殊な部分です。


 製造業の固定資産管理システム比較のためのポイント4選

point0708.jpg

①現場から入力を行う「発生源入力」に対応できるか

製造業では、複数の工場拠点で固定資産の取得・除却・移動が発生するため、これらの経理処理を毎回本社に書類で依頼していると、膨大な労力を要することになります。そのため、現場でも固定資産に関する入力を行うことができる「発生源入力」に対応している必要があります。発生源入力ができることで、現場での報告書類作成や本社での集約、システム処理、現場とのやり取りといった手間を削減する効果が期待できます。 また現場で入力をする担当者は必ずしも経理に精通しているとは限らないため、現場担当者の知識やスキルに応じた入力項目や操作をシステムで実現できると、混乱なく効率的に発生源入力の実現が可能です。

 

②建設仮勘定の精算処理を効率的に行えるか

製造業の中でも、複雑な製造設備が必要になる金属・化学等のメーカーでは、建設仮勘定の処理を効率的に行えることも重要になります。 設備が内作の場合は人件費や材料費の情報を把握したり、外注の場合は見積書を確認することで、細かな明細を把握し、資産の単位に整理(建仮精算)していくことが必要になります。こうした業務はExcelで行っている場合も多いものの、システムによって特に大きな業務の効率化・属人化排除が実現できる部分でもあるため、要件に含めるかを検討する必要があります。

関連記事:建設仮勘定管理システムとは?確認すべき機能とメリットを解説!


③有姿除却・遊休・増加償却等に対応できるか

製造業特有の要件として、例えば製造装置をスクラップにして、その後業者に買い取ってもらう場合に、スクラップの登録を行う「貯蔵品除却(有姿除却)」という業務があります。このような要件に対応できることも製造業の固定資産管理においては重要です。また製造装置が稼働停止して償却をストップする「遊休」や稼働率に応じて償却費用を増やす「増加償却」など、製造業で発生する業務をいかに機能で実現できるかを確認する必要があります。

 

④現物の棚卸実査を効率的に行えるか

資産の現物を確認する棚卸実査は、製造業では資産の数や種類が多いため、労力がかかってしまう作業です。これをいかに効率的に行えるかも重要なポイントで、例えばラベルを現物に添付しバーコードやRFIDのリーダーでの読み込みにより棚卸実査を実現することで、大幅な効率化が期待できます。

 スマートデバイスによる資産棚卸のメリットについてはこちら

自社の要件を満たした固定資産管理システムの選定を

ここまで、固定資産管理システムを比較検討するに際してソリューションごとに差がつきやすいポイントについてご紹介してきました。こうした「差のつきやすいポイント」を詳細に確認した上で、自社の課題をしっかりと解決できるソリューションを選定していくことが重要です。大企業向け固定資産管理システムHUE Assetは、製造業で求められる特殊な要件にも対応できる機能を網羅。リース・建設仮勘定・棚卸などに対しても固定資産管理業務の大幅な効率化に貢献できる製品です。大手企業における資産管理業務の固定資産管理における改善事例など、システム選定に関わるお役立ち情報も継続的に発信しております。ご興味のある方は、ぜひダウンロードの上、ご確認ください。


 

HUE Asset製品紹介資料 

固定資産から建設仮勘定・リースまで対応可能な国産の大企業向け固定資産管理システムHUE Assetの製品紹介資料です。

固定資産管理システムHUE Asset

 



 

製品に関するお問い合わせはこちらから

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ