ワークスアプリケーションズ、
会計領域でパイロットコンサルティングサービス
を開始
ーパッケージシステム導入の課題とメリットを可視化しますー

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:井上直樹、以下 ワークス)は、この度、個社の会計業務や仕組みと標準業務機能としてパッケージ開発された製品との適合を事前に確認する”Fit&Gap”をおこなうサービス「Pilot Consulting Service」(以下:PCS)を開始しましたことをお知らせいたします。このサービスを利用いただくことで、パッケージシステム導入の不安を軽減できるだけでなく、個社独自の業務フローやシステム運用が可視化され、業務のスリム化、生産性の向上を推進することができます。

パッケージ導入時の課題とメリットを可視化

【プレス20200825】パッケージ導入時の課題とメリット.png
PCSでは、多様な業務領域に対してFit&Gapが実施できます。大手企業約2200社(300企業グループ)への導入実績をもつワークスが体系化した多機能なパッケージ製品における「標準業務」との比較により、個社独自の業務やシステム運用が可視化され、業務スリム化の推進が可能となります。また、ワークスの導入経験豊富なコンサルタントの支援により、パッケージ製品を導入する時の課題およびメリットの可視化が効率的に実施できます。オプションサービスとして、Fit&Gapに必要な資料の約70%をワークスが代行して作成するサービスもご用意し、お客様の負担を軽減し満足度を高めてまいります

導入プロジェクト推進における不安を解消 

これまでパッケージ製品選定では、多様な業務領域における多機能パッケージ製品であるがゆえに、提案依頼書やデモなどで確認できる範囲には限界がありました。そのため 製品を導入後の業務変更や業務の効率化を実現できるのか不安があるという声が多く聞かれます。また、パッケージ製品の導入経験がない企業にとっては、システムの選定や導入を推進していくにあたり、現行業務や課題の整理とシステム機能要件の洗い出しが最大の難関となっていました。本サービスで、システム導入の不安の大幅軽減が可能となります。

 *成果物イメージ(Fit&Gap必要資料)
【プレス20200825】成果物イメージ(Fit&Gap必要資料)_1.png【プレス20200825】成果物イメージ(Fit&Gap必要資料)_2.png

PCSを用いた今後の展開 

上記の成果物ラインナップに加え、過去の導入実績からワークスが構築した推奨設定を用いたイニシャルセッティングサービスを利用し、推奨設定で業務が実現可能か確認ができるよう、サービス対象領域の拡充を図ってまいります。

  • * 会社名は各社の商標又は登録商標です。
    * 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関するお問い合わせ先

株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:池内
TEL : 03-6229-1200 FAX : 03-6229-1201 Eメール: pr@worksap.co.jp

お役立ち資料がダウンロードできます

資料一覧を見る

お問い合わせ