緊急事態宣言の対象県拡大に伴う対応のお知らせ

お客様各位

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役最高経営責任者:井上直樹、以下 ワークス)および株式会社ワークスアプリケーションズ・エンタープライズ(本社:東京都千代田区、代表取締役、社長執行役員:宮原 雅彦)、株式会社ワークスアプリケーションズ・フロンティア(本社:東京都千代田区、代表取締役、社長執行役員:青木 孝行)は、全社テレワークを実施しておりますが、5月7日に内閣総理大臣からの緊急事態宣言により東京都・大阪府・京都府・兵庫県に加え、愛知県・福岡県から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の外出自粛要請が出されたことを受け、ワークスグループの従業員および関係者の皆さまの健康リスクの軽減、国際社会の一員として感染拡大防止への協力を目的として、以下の対応を実施致します。

  1. ◆実施概要

    期間:2021年5月12日から緊急事態宣言が解除されるまで

    ※ただし、状況に応じて実施期間変更を判断します

    対象:名古屋オフィスで勤務する従業員及び以下の対応が必要となる従業員

  2. ◆実施内容

    1. お客様先への対面による訪問の自粛
    2. 不要不急の外出自粛・公私含めた大人数が集まるイベント等への不参加推奨
    3. 同居する家族が高熱時の在宅勤務・待機の徹底
    4. 社内マスク着用・アルコール消毒等の拡散防止策の実行

  1. 当社では今後も政府及び自治体の方針に従い、柔軟かつ迅速に必要な対応を実施してまいります。

    期間中、関係各位におかれましては、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

この記事に関するお問い合わせ先

株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:上月
TEL : 03-3512-1400 FAX : 03-3512-1400 Eメール: pr@worksap.co.jp

お問い合わせ