1217_IFRS16号第二弾バナー.png

当セミナーはウェブ上での開催のため、ご参加にはインターネット環境が必要です。

↓セミナーへのお申し込みはこちら↓

セミナー概要

開催日時
2020年 12月 17日(木)16:00~16:30
(開始10分前よりアクセス可能です。)
参加費
無料 (事前申込制)
申込締切
2020年 12月 16日(水)12:00

IFRSを任意適用中の企業では、2019年1月よりIFRS16号(リース会計)が強制適用されました。
この基準は最速で2023年4月頃にも日本基準へ強制適用される可能性があり、IFRSを適用していない企業にも大きく影響する一方、
「何が変わるのかわからない」「対応のスケジュールが考えられていない」といった声もよく耳にします。

「リース」として見なす契約の考え方が大きく変わり、再見積りなどの新たな考え方も求められる新リース会計基準ですが、
IFRS16号に記載されている内容は「原則論」が多く、実務への落とし込みにあたっては各社様々な議論の上で対応しているのが現状です。

当セミナーでは、IFRS利用企業で数々の対応事例をもとに、実際に日本基準に適用された際に検討すべきことや、
各社でどんな考え方をしているのかといったノウハウをお伝えいたします。
今後の検討、もしくは基準適用後の業務改善を進めるにあたって、他社での事例を押さえることでスムーズにスタートを切ることが可能です。

こんな方におすすめ

  • IFRS16号適応時の他社事例を知りたい方
  • 今後のリース資産管理方法の方針に関するヒントを得たい方
  • 資産管理業務に携わっている方

ご参加までの流れ

  • お申し込みフォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください。
  • 上記でご入力いただいたメールアドレス宛てに、ウェビナーツール「Zoom」の専用URLをお送りします。
  • インターネットに接続可能なPC、スマートフォン、タブレット端末からご参加いただけます。
    (ご参加には最新版のZoomソフトウェア、アプリのインストールが必要です。)
※競合他社様の情報収集目的でのご参加は、お断りさせていただく場合がございます。

↓セミナーへのお申込みはこちら↓

開催済み 【基本編】今からはじめる新リース会計基準

動画視聴はこちら!

IFRS16号_動画視聴バナー.png

お役立ち資料がダウンロードできます

資料一覧を見る

お問い合わせ