WORKS APPLICATIONS

三菱電線工業株式会社が、「2007年問題」で基幹系システムを再構築 「COMPANY®人事・給与」を採用

~ホストシステム撤廃を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社 東京都港区、代表取締役CEO 牧野正幸、以下ワークス)は、三菱電線工業株式会社(本社 東京都千代田区、取締役社長 岡本洋)より、「COMPANY®人事・給与」を受注いたしました。 電線・ケーブル業界では古河電工などに続き4社目の受注となります。 三菱電線工業株式会社は、これまで、ホストシステムによりバックオフィス業務の管理・運用を行っていましたが、2010年にはホストシステムを扱える多くの技術者が退職するという理由から、基幹系システムの再構築が課題となっていました。三菱電線工業株式会社は、「COMPANY®人事・給与」の導入を始め、各システムを順次移行し、5年以内のホストシステム撤廃を目指していきます。

「2007年問題」~短期間導入が可能な「COMPANY®」選定へ~

三菱電線工業株式会社では、現システムを扱える技術者が同時期に退職するという「2007年問題」(※同社は、2010年に顕著に発生)を抱えており、基幹系システムの見直しが急務となっていました。 ホストシステムから、新しい基幹系システムにスムーズに移行するためには、ホストシステム上で動く各システムの移行プロジェクトを早期に完遂する必要があり、ノーカスタマイズでの導入が可能で開発期間が不要な「COMPANY®人事・給与」採用に至りました。

「COMPANY®」選定の理由
  • 標準機能が豊富で追加開発が不要な「ノーカスタマイズパッケージ」であるため、短期間での導入が可能。
  • 「ノーカスタマイズ」で導入可能なパッケージであるため、社内の人的リソースへの負荷が少ない。
  • 2006年2月に合併した子会社(菱星電装株式会社)とのスムーズなデータ連携と合併後の容易な運用が可能。
  • 大手製造業においてシェアが高い。
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示