WORKS APPLICATIONS

造船業界初、「COMPANY®」を採用 100年企業の常石グループが新人事システム導入によりコスト削減

~造船業界一のIT積極活用企業を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズは、常石造船株式会社(本社 広島県福山市、代表取締役社長 神原勝成、以下常石造船)より、「COMPANY® 人事・給与」、「COMPANY® Web Service」「COMPANY® 就労・プロジェクト管理 」の3製品を受注、本稼動を開始し、一部業務では最大5割のコスト削減をするなど、大幅な改善と業務効率化を実現いたしました。

造船業界に新風を巻き起こす常石造船の挑戦~「COMPANY®」選定へ

常石造船は、1917年(大正6年)、広島県福山市沼隈町常石(つねいし)の地に創業。世界で第6位の竣工量を誇る造船会社です。 国際競争が激化するなか、1994年にはフィリピンのセブ島に造船所を、また2003年には中国の浙江省舟山市秀山島に現地法人を設立するなど、海外生産拠点を持つ唯一の国内造船会社として、他社とは一線を画した国際戦略を展開し成功をおさめてきました。現在では関連会社を含め4,000名以上の従業員が世界で就業するまで拡大し、グローバル企業としての成長を続けています。 常石造船は、21世紀のさらなる飛躍をめざし、「ITを活用した新しいマネジメント・スタイルの確立」を中心とした経営ビジョン『ビジョン2010』を掲げ推進しています。その一環として人事システムの刷新が検討され、人事情報の一元化・戦略活用を可能にする「COMPANY®」採用に至りました。

わずか2名の担当者で8ヶ月間の短期導入に成功

一般的に1年半以上の導入期間がかかるといわれるシステムの導入を、常石造船では、主に人事担当者の2名で進め、8ヶ月間という短期間で3製品すべての本番運用開始に至りました。 年度途中の6月に新システムをスタートしたことで、従来システムから膨大な給与情報を移行するという作業を伴いましたが、その困難を乗り越えての短期間導入になります。 これは、カスタマイズに要する期間が一切必要ない製品メリットとコンサルタントによる全面的なバックアップ体制がある「COMPANY®」ならではの短期間導入ケースとなります。

「COMPANY®」を利用した新人事システムにより得られた効果

常石造船では、「COMPANY®」を利用した新人事システムの稼動により以下のような効果をあげています。

■コスト削減を実現

  • 人事制度や法改正の度にかかっていたシステムの追加開発コストを削減。
  • 流動的なグループ会社体系にもスムーズな導入を実現。グループ会社ごとに発生していた個別の追加開発コストを削減。
  • 各種申請や給与明細のWEB化など、ペーパーレス化の実現によりコストを削減。

■業務改善 および 業務効率の向上

  • 散在していた人事情報の一元管理により入力マスタの一本化を実現し、工数を削減。
  • 今まで紙で行っていた氏名・住所・家族構成の変更を電子申請にしたことで、人事システムへの自動連携を実現し、工数を削減。
  • 就業管理における承認フローなど、煩雑であった業務をシステム導入に合わせて整理。ルールの明文化と承認フローの迅速化を実現。
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示